おせちの煮しめが残り物になったらリメイクレシピで完食間違いなし!

公開日: 

nisime
おせち料理の中で一番人気がないのが煮しめ。
野菜だけで味気ないからなんでしょうかね。
毎年大量の残り物が出て困るという主婦が多いようです。
今回は、煮しめが残り物になった時のリメイク方法についてお話します。

スポンサードリンク

おせちで煮しめが残り物になったらリメイクしよう!

家族に不評とはいえ、煮しめはいろんな野菜が入って栄養満点でダシの味も深い料理です。
これを利用すれば様々な料理にアレンジできます。

(1)ご飯もの

和風カレー

カレーは、おせちに飽きたら食べたくなる人気メニューです。

【材料】
煮しめ  適量
たまねぎ 1個
しょうが、にんにく 各1片程度
肉    適量(牛、豚、鶏肉お好みで)
カレールウ  適量

【下準備】
・煮しめ・・・食べやすい大きさに切ります。
・たまねぎ・・・串切りなどお好みの大きさにしましょう。
・しょうが、にんにく・・・みじん切りにします。

【作り方】
(1)フライパンを熱してサラダ油を入れてしょうが、にんにくを炒めます。
(2)肉、たまねぎを炒めて火が通ったらだし汁を入れて強火で煮ます。
(3)アクを取り、弱火で5分程度煮たら煮しめを入れます。
(4)カレールウを入れて溶かしてから醤油で味を整えます。

炊き込みご飯

米をといで残り汁と一緒にセットし、炊く予定の量まで水を追加します。
煮しめを細かく刻んでその上に乗せて30分吸水させてから炊きます。

(2)揚げる(大人向け)

意外と美味しいのが揚げ物です。
煮しめにまぶす物によって微妙に食感が異なります。
・煮しめの天ぷら・・・天ぷら粉をまぶして揚げます。
・煮しめのフライ ・・・パン粉をまぶして揚げます。
・煮しめの竜田揚げ・・・片栗粉をまぶして揚げます。

スポンサードリンク

いずれにせよ、中身の煮しめには濃いダシが入っているので
ソースや天つゆなどは不要で、そのままの味を楽しめます。

昆布など、一見揚げ物に合わないかも、と思うような食材でも
揚げてみるとすごく美味しいのでびっくりですよ。

(3)揚げる(子供向け)

天ぷらやフライはとても美味しいのですが、子供は野菜揚げを嫌がるようです。
ですので、子供向けには天ぷら等でなくコロッケにしましょう。
こうすると沢山食べてくれますよ。

煮しめのコロッケ

【材料】
残った煮しめ 適量
塩コショウ  適量
小麦粉    適量
卵      適量
パン粉    適量

【作り方】
(1)煮しめの里芋は潰して、その他はみじん切りにします。
(全てフードプロセッサーでもOKです。)
(2)塩コショウして混ぜてから成形します。
(3)小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて揚げます。

(4)子供の好きなグラタンやお好み焼きに

煮しめグラタン

耐熱容器に煮しめの具を入れて、ホワイトソースをかけて、最後にとろけるチーズを好きなだけのせてオーブンで焼きます。

お好み焼き

【材料】
残った煮しめ 適量
お好み焼き粉 100g
卵        1個
水        100ml
キャベツ 大きい葉2枚程度(1cm程度のざく切り)

【作り方】
(1)煮しめをフードプロセッサーで細かくします。
(2)お好み焼き粉、水、卵を混ぜます。
(3)煮しめとキャベツを(2)に混ぜて生地を裏表とも焼きます。

まとめ

煮しめはシンプルなせいか、どこの家庭でも残り物になりやすいですね。
でも、ちょっと手を加えるだけで家族に好評のリメイクレシピが出来てしまうのです。

ぜひ、おせち料理でたくさん作って、リメイクレシピに挑戦して
家族をビックリさせてくださいね。

■おせち料理の記事はこちらにもあります。
おせちの煮しめはいつ作る?作り方と保存方法は?賞味期限はある?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑