初夢はいつ見る夢?一富士二鷹三茄子って?いい夢を見る方法は?

公開日: 

hatsuyume
1月初めに見る夢を初夢といいますよね。
でも、いつ見る夢なのかを人に聞いてみると、いろんな答えが返ってきます。
どれが正解なのか、また、よくいわれる「一富士ニ鷹三茄子」とは何か、
初夢でいい夢を見る方法はあるのか、などをお話します。

スポンサードリンク

初夢はいつ見る夢なの?

初夢はいつ見る夢なのかを人に聞いてみると、次の3つが返ってきます。

(1)大晦日~元旦の朝
(2)元旦の夜~2日の朝
(3)2日の夜~3日の朝

これは、どれも間違いではありません。
その時代によって、どの日に見るのが初夢かというのは違っていたからなのです。

昔は大晦日の夜から元旦の朝まで寝ずに神社などに篭って歳神様をお迎えする習慣がありました。
ですので、その年に初めて寝るのは元旦の夜から2日の朝にかけてとなります。
このときに見る夢を初夢という説が広く知られています。

ところが、江戸時代は、元旦は休みなのですが、2日から普段通りの生活を行うようになり、
そのために2日の夜から3日の朝に見る夢を初夢というようになったとか。

ですが、最近では、昔の風習でなく暦通りの考え方をするケースも増えているようです。

一富士二鷹三茄子というけれど?

昔から、初夢の良い順番として、「一富士二鷹三茄子」というけれど、なぜ茄子なんでしょうね。
富士山は日本一高い山ですし、鷹は強い鳥ですから分かりますが、茄子はすごく良い印象はありません。
でも、江戸時代、茄子は値段が高かったそうで初物は特に高額だったのです。
また、徳川家康が好んだ順になっているとか、
語呂合わせで富士→無事、鷹→高い、茄子→事を成す
という説もあるそうです。

では、その3つを夢に見られなかったらどうなのでしょう?
実は、四以降もいくつかの説があるのです。

  1. 四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)
  2. 四葬式(しそうしき・四葬礼しそうろう)、五雪隠(ごせっちん)
  3. 四雪隠、五葬式
  4. 四葬式、五火事

葬式や火事が入るのが不思議ですが、悪い夢を見たら現実には起きない、という逆夢の考え方も昔からあったようですね。

スポンサードリンク

いい夢を見る方法はあるの?

初夢は3つの説があるので、一般的な初夢とされている元旦夜から2日朝に見なくても、他の日に見たものを初夢と考えていいのかな、と私は解釈しています。
でも、やはり良い夢を見たいものですよね。

良い夢を見たいための昔の人の工夫

科学が発達した現代では、夢は脳の働きによって見るものだと明らかになっていますが
昔の人は、夢の良し悪しで未来がどうなるのかを占っていたのです。
ですので、良い夢を見るために工夫をしていたそうです。

どんなものかというと、
宝船の絵が書かれた紙を枕の下に入れて寝る、というものでした。
室町時代頃から風習となり、江戸時代になると更に発展して
七福神が乗った宝船の絵で、
「長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな」
(なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな)
という、上から読んでも下から読んでも同じ文章(回文)が絵に添えられたものを
宝売りする商売まで出てきました。
そして、悪い夢を見た場合は、この紙を川に流すことで縁起直しをしたのだとか。

現代の科学では?

夢は、精神状態が大きく影響するといわれていますので
夜寝る前には心身がリラックスしていることが大切です。

また、睡眠は1時間半程度のサイクルで深くなったり浅くなったりしており、
夢は浅い時間帯(レム睡眠)に見るものです。
普段睡眠不足の人はレム睡眠も少なくなってしまうので夢を見ることも少ないです。
ですので、普段から規則正しく睡眠を取っていることも大切です。
お正月休みくらいはゆったりと生活したいものですね。

体調管理としては、睡眠時間のほかにももう1つ大切なことがあります。
それは、胃袋管理です。
寝る直前の飲食やお酒などは避けることです。
胃腸は食べ物が入ると消化するために活動が活発になるし、脳の活動にも影響を及ぼし、
睡眠の質にも影響してしまうのです。
ですので、お正月だからといって食べ過ぎると、正月太りの心配だけでなく
寝る時間までに消化できなくて夢見も悪くなる可能性があります。
ですから、美味しいからといって食べ過ぎないようにしたいですね。

まとめ

夢は脳の働きですので昔と違って初夢にこだわることはありませんが、
やはり良い夢を見たいものですね。
睡眠の質をよくするよう、お正月休みといえども
おせち料理の食べ過ぎや夜更かしをし過ぎないようにするのが大切です。
また、心身穏やかに過ごしましょうね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑