玄米をふっくら炊く方法とは?健康的で美味しい炊き方

公開日:  最終更新日:2014/10/08

玄米ご飯
前記事「玄米は危険なの?栄養素だけ上手に取り入れる方法は?」
でお話しましたが、
玄米には白米にない栄養がたっぷり含まれており
健康食品として見直されています。

でも、玄米は
硬くてボソボソで美味しくない
と思っていませんか?

実は私も、新宿駅ビルのおむすび屋さんで
玄米おにぎりを食べるまでは
玄米は硬いと思い込んでいましたが、
そこで食べた玄米のふっくらモチモチ感の美味しさに
ものすごい衝撃を受けました。

そして、家に帰ってから、
どうやったら美味しい玄米を炊けるのか
色々調べて試行錯誤をした結果、
かなり美味しくふっくらした玄米を
炊けるようになりました。

この炊き方は、前回お話した
玄米の短所である発芽毒を消して
長所の栄養価をたっぷり取り込めます。

今回は、我が家流「美味しく健康的に玄米を炊く方法」についてご紹介します。

スポンサードリンク

発芽毒を消す

玄米の発芽毒を消すには、吸水させて発芽させれば良いのですが
夏で1日程度、冬だと2日程度かかってしまいます。
発芽させた玄米
ちなみに、この写真は夏に吸水させた玄米です。
吸水時間は、左から順に
12時間、24時間、36時間となっています。
(中央の、ちょっと芽が出たくらいで十分。)

忙しくない専業主婦にとっても、
長時間放置しておくという行為は
ストレスがかかるものですよね。

なので、

短時間で発芽させたい!
短時間で発芽毒を消したい!

ということで、
圧力鍋で温かいお湯を沸かして半日置くだけ
というシンプルな方法で発芽させることにしました。

この方法だと、圧力鍋の保温効果で
長時間温かい状態を保つことができるので、
発芽状態になるまでの時間が
かなり短縮できて、とても便利なのです。

玄米の下準備

【材料】
玄米   3合
水    4.5合(水の1.5倍)
塩    小さじ1/4程度
日本酒  小さじ1

スポンサードリンク

1.洗う(夜、寝る前)

(1)ボウルに玄米を入れて、ごみや小石、もみ殻があれば取り除きます。

(2)水を注いで両手で包み込むように優しく洗います。
米は傷がつくと酸化してしまうので、「優しく洗う」がポイントです。

2.吸水

(1)圧力鍋にたっぷりの水を入れて、火にかけて
お風呂のぬるめの湯加減(38~39度程度)くらいにします。

(2)洗った玄米を入れて、圧力鍋のふたを閉めて
そのまま半日寝かせます。
(夜寝る前に洗って吸水させれば、朝起きた時に
ちょうど良い発芽状態になっていると思います。)
吸水後の玄米

玄米を圧力鍋で炊く(朝起きてから)

(1)玄米を一晩吸水させると、呼吸をするため
水が濁ったり、小さな泡が出たりします。
これを流して、きれいな水を入れ直します。(水の1.5倍程度。)

(2)塩(小さじ1/4程度)と日本酒(小さじ1)を入れます。
玄米にはカリウムが入っていますが、これが苦味の元。
塩を入れることで苦味が消えます。
日本酒を入れるのも、うまみを引き出すためです。

(3)圧力鍋をセットして火にかける
最初は強火で、
圧力が完全にかかった段階で弱火にして25分、
最後に強火で1分程度水分を飛ばして火を消します。
蒸らし時間は最低でも15分。
(これでも十分モチモチしていますが、
さらにモチモチ度をアップさせたい場合は
蒸らし時間15分の前に最弱火で10分程度保ってから火を消し、
30分程度蒸らします。)
炊き上がった玄米
カニ穴と呼ばれる穴が所々にポツポツ開いていますが
これが出来るくらが美味しい証拠だそうです。

まとめ

玄米の種類や時期によって水分量なども違いますし、
圧力鍋の種類によっても火加減、時間が違ってくると思います。

圧力鍋を普段使わない人にとっては一見ハードルが高そうな気もしますが
慣れれば難しいものではありません。

一度、圧力鍋で作る玄米ご飯を食べてしまうと、
炊飯器で作る玄米ご飯には戻れないくらい、
味と食感が素晴らしいです。
ぜひ、玄米のふっくらモチモチ食感を一度試してくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑