バレンタイン自分チョコで予算をかけず贅沢に楽しむ方法とは?

公開日: 

チョコ
バレンタインに本命チョコや義理チョコよりも自分チョコを優先して、
高級チョコを自分のご褒美として買って食べる人がこの数年で増えていますが、
専業主婦は悔しいけどお金をかける余裕がありませんよね。

でも大丈夫!
予算をかけずとも贅沢で美味しいチョコの楽しみ方があるのです。
今回は、この楽しみ方をご紹介します。

スポンサードリンク

バレンタインの自分チョコに予算をかける必要はない!

デパートへ行けば数千円するチョコが沢山並んでいます。
だいたい、チョコの美味しい国として有名なベルギー産が多いと思います。

他にもいくつかありますが、私のおすすめは、

1.ベルギー
2.日本
3.オーストリア

という感じです。

外国製を求めると高くなるのですが、日本製の市販チョコって安くて美味しいのですよね。
ロッテとか明治の板チョコって、100円以内で買えるし、美味しいです。
IMG_6755_R
じゃあ、そのまま板チョコを大量買いすればいいじゃん?
という考え方もありでしょうけど、せっかくのバレンタインに
それじゃあ寂しいですよね。

ですので、今回おすすめするのは、

チョコレートフォンデュ

という方法です。
板チョコ1枚で、自分一人なら十分満足できるし、
子供や友達2~3人でと楽しむ場合でも2~3枚あれば十分です。
道具もマグカップや小鉢で出来ますし、
ぜひ身近な材料や道具で楽しんでは如何でしょうか。

簡単贅沢チョコレートフォンデュの作り方

【材料】 1~2人分
板チョコ  50g(1枚)
牛乳    25ml(生クリームを使うと贅沢な味わいです。)

《具材》
いちご、りんご、バナナ、キウイ、
クッキー、ビスケット、ミニシュークリーム、カステラ、食パン、ラスク、
甘栗、さつまいも(蒸かしたもの)、白玉などお好みで。

スポンサードリンク

【作り方】
(1)板チョコを細かく刻みます。

(2)具材を食べやすい大きさに切ります。

(3)生クリームを耐熱容器に入れて電子レンジで沸騰直前まで温め、
  (1)のチョコを入れてゆっくり溶かし混ぜます。
 (少量ですぐに沸騰するため、吹きこぼれないよう注意してください。)
IMG_6736_R
ゆっくり溶かすと下の写真のようになります。
冷めてきたら少し電子レンジで温めても大丈夫です。(温め過ぎないように。)
IMG_6737_R
(4)具材に(3)をつけて食べます。下の写真はりんごです。
IMG_6742_R

《余ったチョコの使い道は?》

チョコレートフォンデュは余ることもありますし、
余らなくても最後に器に残ってしまうこともあります。

そんな時は、温かい牛乳を入れてチョコレートドリンクにして飲みましょう。
普段のココア粉から作るドリンクよりも濃厚でとても美味しいですよ!

まとめ

チョコレートフォンデュは生チョコ作りよりも簡単だし
手軽にチョコを楽しむことができるので、
自分チョコだけでなく、ファミチョコ、友チョコとしてもおすすめです。

年に1回のバレンタインですから、安くても贅沢な使い方で
チョコレートを楽しんでは如何でしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑