ゴールデンウィークの穴場 子供連れ東京23区で混まないのは?

公開日:  最終更新日:2015/12/28

gw
ゴールデンウィークは「家族サービス週間」ともいえますよね。
穴場がなく、どの観光地も若者や子供連れで混雑して大変です。

子供は忍耐力がなく混雑して長蛇の列を待てないので
毎年どこへ行こうかと頭を悩ませているお母さんは多いでしょう。
今回は、子連れで東京23区で混まない場所をピックアップしました。

■東京西部(23区以外)で探す場合はこちらの記事をご覧ください。
ゴールデンウィークの穴場 子供連れ東京西部のおすすめは?

ゴールデンウィークの穴場は?

ゴールデンウィークはどこも混雑しており特にスカイツリーやお台場、上野、原宿などは非常に混雑が激しいですが、ちょっと外して「大人向け」スポットを探すと比較的空いていることが多いです。
また、遊園地やアスレチック遊具が充実している公園は混雑していますが、遊具がない公園は混雑が少ない傾向です。

「遊具がない公園なんて嫌!」という子供でなければ、家族でお弁当をもって花を見たり散策する等の目的で自然豊かな公園でのんびり過ごすのがおすすめです。
また、博物館等も上野以外ならさほど混雑が激しくないし雨でも楽しめるのでおすすめです。

では具体的に見ていきましょう。

ゴールデンウィークに子供と東京で自然と触れ合う場所は?

小石川後楽園(文京区)

~次の文京シビックセンター展望ラウンジの場所が近いので、セットで行くのがおすすめです~
約7万平方メートルの敷地に高木約3000本と低木や芝生などがあります。
元々は江戸時代初期に水戸徳川頼房が江戸の上屋敷の庭園として造り、光圀が完成させた庭園です。
庭園の特徴は池を中心に作られており中国の名所を随所で模倣してある点です。

昭和27年に文化財保護法によって特別史跡及び特別名勝に指定されています。
この2つとも指定されているのは都内では小石川後楽園の他、浜離宮だけですし、日本の文化を楽しむ場所として、ぜひ一度は訪れたい名所です。

休園日 :12/29~1/1
開園時間:9時~17時(入園は16時半まで)
入園料 :大人300円(中学生以上)、65歳以上150円、小学生以下無料(都内在学中学生も無料)
無料公開日:みどりの日(5/4)、都民の日(10/1)

所在地 :文京区後楽1丁目
最寄り駅:
【飯田橋駅の各路線出口】
・都営地下鉄大江戸線(E06・C3)徒歩3分
・JR総武線・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線(T06・Y13・N10)東口徒歩8分
【後楽園駅の各路線出口】
・東京メトロ丸ノ内線・南北線 (N11・M22)後楽口徒歩約8分

HP:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kouen/kouenannai/park/koishikawa_ko.html

文京シビックセンター25階展望ラウンジ(文京区)

~上の小石川後楽園の場所が近いので、セットで行くのがおすすめです~
文京区の建物だけでなく、東京スカイツリーや新宿副都心の高層ビル群、富士山、筑波山などかなり遠くの展望を見ることができます。
ただ、現在は外装改修工事実施中のため展望の一部が遮られる可能性があります。
(2015年4月14日に問い合わせたところ、現在はまだ全て見られるが工事が進行すると遮られる場所が出るし、工事期間は2016年まで続く可能性があるとの事です。)

開館時間:9:00~20:30
休館日 :5月第3日曜日、12/29~1/3
料金  :無料
所在地 :文京区春日1‐16‐21

最寄り駅:
・東京メトロ後楽園駅(丸の内線4a・5番出口、南北線5番出口)徒歩1分
・都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
・JR総武線水道橋駅東口徒歩9分

駐車場 :130台(利用時間8:15~22:00)
HP  :http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/tenbo.html

馬事公苑(世田谷区)

馬事公苑は18万5千平方メートル超(東京ドーム約4個分)の敷地に様々な馬に関する施設があり、雨の日でも競技や乗馬訓練が可能です。
また150頭の馬が生活する厩舎や診療所なども整っており、馬事公苑全体が「馬の町」ともいえます。
馬術大会等イベントも多いのですが、イベントがない場合でも放牧場で馬を見られるかもしれません。

その他、お花畑や日本庭園でのんびりしたり、武蔵野自然林の野鳥観察など様々な場所があるので飽きずに過ごすことができます。
また、ふれあい広場は芝生に木のテーブルや椅子もあるので天気の良い日にはお弁当を持ってピクニックを楽しめるし、サクラ広場・ヒマワリ広場・ウメ広場には子供向けの遊具があります。

所在地 :世田谷区上用賀2-1-1
開苑時間: 9:00~17:00(11~2月 9:00~16:00)
入苑料 :無料
駐車場 :なし。(公共交通機関をご利用のこと。)
※ペット入苑不可。
※球技、なわとび、ローラースケート等は不可。
HP  :http://www.jra.go.jp/bajikouen/

蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん・世田谷区)

明治大正時代の文豪、徳冨蘆花と愛子夫人が後半生を過ごした住まい等を買収して作った、
広さ約8万平方メートルの公園で、蘆花の資料だけでなく、蘆花が好んだ花々や竹林もあります。
子供たちが楽しめるものとしては、アスレチック広場、児童公園などがあり
お弁当は草地広場でシートを広げて食べることができます。

所在地 :世田谷区粕谷一丁目
最寄り駅:京王線 芦花公園または八幡山下車徒歩15分
駐車場 :有料
HP  :https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index007.html

スポンサードリンク

見沼代親水公園(みぬまだいしんすいこうえん・足立区)

かつて農業用水だった約19000平方メートルの土地を昭和59年に憩いの場として作り変え、
親水公園としました。
親水路の長さは、約1.7kmあり、春には親水水路沿いに約70本桜が咲きます。
春から秋にかけてザリガニ釣りが楽しめるので、休日にはこれが目当ての親子連れも多いです。

所在地:足立区舎人四丁目から古千谷本町四丁目
最寄り駅:日暮里舎人ライナー見沼代親水公園駅徒歩1分
バスの場合:東武線竹ノ塚駅西口バス「舎人二ツ橋行き」又は「江戸袋循環」舎人二ツ橋下車徒歩3分
駐車場:無
HP  :http://adachikanko.net/midokoro/archives/128

新宿御苑(新宿区)

新宿の高層ビルから少し離れた場所に自然豊かな庭園があります。
四季折々の花が美しいのですが、お弁当を持っていき、公園で遊んだりのんびり散策して過ごすのもおすすめです。
ただ、遊具はないので、遊具で遊びたい子供には向きません。

開園時間:9:00~16:30(入園は16時まで)
休園日 :月曜(祝日の場合は翌日休)
入園料 :15歳以上200円、小中学生50円

所在地 :東京都新宿区内藤町11
最寄り駅:東京メトロ新宿御苑前駅・新宿三丁目駅・JR中央線千駄ヶ谷駅から徒歩5分
HP  :http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/

等々力渓谷(世田谷区)

等々力渓谷は都内に近いのにとても静かで緑が多く川や野鳥などの自然に触れられる渓谷です。
等々力駅から南へ3分程度歩き、大きな木のところで右に曲がるとゴルフ橋があります。
等々力渓谷はそこを下りたところにあり、谷沢川沿いに約1km散策できます。
近くには横穴古墳や不動の滝、桜の名所として知られている等々力不動尊などもあります。
詳細は等々力渓谷のページをご覧ください。

所在地:世田谷区等々力1-22、2-37~38
最寄り駅:東急大井町線 等々力駅より徒歩約5分
(成城学園前駅・渋谷駅。東京駅南口から等々力までバスで行くことも可能です。)

駐車場:なし
・等々力不動尊に参拝客用の駐車場あり。
・等々力駅北側に有料コインパーキングあり。
HP:http://www.todoroki.net/top.html

ゴールデンウィーク東京で混まない博物館は?

地下鉄博物館

日本で初めてて走った本物の電車が置いてあり実際に乗ったり、車両の仕組みや鉄道全体の知識を楽しく学べる博物館です。
千代田線のシミュレーターを運転して実際の揺れを体験したり、実物の80分の1サイズの模型電車が1日4回動くメトロパノラマが大人気です。
家族で楽しめるし学べるので、夏休みの自由研究などにもおすすめの施設です。
(弁当持参OK。休憩コーナーには飲み物や菓子パン等の自動販売機有り。)

開館時間:10時~17時(入館は16時半まで)
休館日 :月曜日(祝日の場合火曜日)、年末年始12/30~1/3(夏休み中8月1、2週月曜日は開館)
入館料 :大人210円、4歳~中学生100円、3歳以下無料

所在地 :江戸川区東葛西6-3-1 東京メトロ東西線葛西駅高架下
最寄り駅:東京メトロ東西線葛西駅(東西線の快速列車は止まらないので注意!)
行き方 :
・環7通り東側「地下鉄博物館」方面出口改札…階段を左へ降りて正面
・中央改札…環七通りの横断歩道を渡って正面

車の場合:
【平日】駐車後博物館受付で車種とナンバー等を受付係員に申し出ること。
【土日祝日】駐車時に駐車場係員から仮駐車券を受け取り、博物館入館時に受付係員に渡すこと。

駐車場 :有り(台数制限あり。葛西駅高架下の浦安寄り約250m先。)
HP  :http://www.chikahaku.jp/index.html

葛飾区郷土と天文の博物館

~次の曳舟川親水公園と近いので、セットで行くのがおすすめです~
葛飾区の郷土史の展示や天文台、太陽望遠鏡、プラネタリウム等が楽しめる博物館です。
プラネタリウムは大型で、季節に応じた天体ショーを楽しめます。

開館時間:
火水木、日祝・・・9時~17時 (入館は16時半まで)
金土(祝日除く)・・・9時~21時(入館は20時半まで)

休館日 :月曜日(祝日以外)、第2・4火曜日(祝日の場合は翌日)、12/28~1/4

入館料 :大人100円、小中学生50円
プラネタリウム観覧料:大人350円、小中学生100円、幼児50円(座席を使う場合)
(土曜日は小・中学生以下の入館料、プラネタリウム観覧料が無料)

所在地 :葛飾区白鳥3-25-1
最寄り駅:京成線お花茶屋駅徒歩8分、JR常磐線(千代田線直通)亀有駅徒歩25分
駐車場 :15台(台数が少ないため土日祝日は駐車できない場合あり)
駐輪場 :有り
HP  :http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/index.php

曳舟川親水公園

~上の葛飾区郷土と天文の博物館に近いので、両方セットで行くのがおすすめです~
亀有から四つ木まで南北約3kmにわたる公園で、四季の移り変わりを楽しみ家族でピクニックするのにおすすめです。
水遊び場、自然景観水路、芝生地の3つに分かれており、遊具はありませんが、水遊び場があるので夏は水遊びをしたりメダカやザリガニの観察もできるので子供たちに人気があります。

所在地 :葛飾区亀有4-17地先~4-1地先、白鳥3-32地先~2-1地先、白鳥2-1-1、四つ木5-25地先~4-25地先

水遊び場:3箇所
・葛飾区亀有1-18番地付近(亀有図書館付近)
・葛飾区白鳥3-25番地付近(葛飾区郷土と天文の博物館付近)
・葛飾区四つ木5-17番地付近

HP  :http://www.city.katsushika.lg.jp/institution/1000096/1006895.html

さいごに

スポンサードリンク

ゴールデンウィークは子供や若者のためにあるような連休なので子供を連れて行く場合、メジャーな場所は混雑覚悟が必要です。
今回ご紹介した公園や博物館はゴールデンウィークだけでなく夏休みにも楽しめます。また、他にも遊び場はたくさんあるので、家の近くの公園や施設をチェックしてくださいね。
ぜひ子供たちと楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑