鎌倉の紫陽花で成就院は?長谷エリアから極楽寺おすすめは?

公開日: 

ajisai2
鎌倉の紫陽花の2大名所は明月院と成就院ですが、成就院は今年2015年から2017年まで
紫陽花の植え替えと参道修復工事があるため見られません。
とはいえ、成就院周辺の長谷エリアから極楽寺エリアまで、紫陽花の見どころは複数あるので
鎌倉へ行くなら長谷を散策するのもおすすめコースの1つです。
今回は、長谷寺を中心とした紫陽花のおすすめコースをご紹介します。

■北鎌倉エリアのあじさいはこちらの記事をご覧ください。
鎌倉のあじさいおすすめコースは?明月院の見頃は?食事は?

スポンサードリンク

鎌倉の紫陽花 成就院は工事中で見られない

成就院は煩悩の数と同じ段数の108段の石段を上った山上にあって由比ヶ浜を一望できます。
明月院とともにあじさいの寺として知られており、般若心経の文字数である262株植えられています。
また、あじさいだけでなく高台から眺める海がきれいで人気スポットです。

ですが、2019年に創建800年となることや、今まであった紫陽花が植樹してから50年経過して古くなったことなどを考慮して今回参道を修復し、紫陽花も植え替えることになりました。
2017年までの工事期間中は紫陽花を見られませんが参拝は通常通り可能ですので、長谷寺へ行った帰りに時間があれば工事の様子などを見ておき、2018年に工事完了後の整った成就院を再訪して紫陽花を楽しむのも良いかもしれませんね。

成就院

所在地:鎌倉市極楽寺1-1-5
最寄り駅:江ノ島電鉄極楽寺駅徒歩5分。
拝観時間:8時~17時
拝観料 :なし
駐車場 :なし(江ノ電長谷駅周辺の有料駐車場を利用のこと)
トイレ :なし(極楽寺駅トイレを利用のこと)
HP  :http://www.jojuin.com/

鎌倉の紫陽花で長谷エリアから極楽寺までのおすすめは?

長谷から極楽寺にかけて次の寺社があります。
・成就院(2017年まではあじさい無し)
・長谷寺(長谷観音)
・光則寺
・御霊神社

・極楽寺
・高徳院(鎌倉大仏)
いずれも見どころがありますが、近いとはいえ全てを回るのは大変ですので、
時期や目的に合わせて選んで行くことをおすすめします。
特に、光則寺は見頃が他よりも早いので、6月上旬に行くなら必見ですが、下旬に行くなら外しても良いでしょう。また、高徳院はあじさいよりも鎌倉大仏がメインなので、初めて鎌倉を訪れるなら必見ですが、何度も訪れている人やあじさいが主目的の場合は外しても良いでしょう。

スポンサードリンク

長谷寺

長谷寺は高さ約9mの十一面観音が本尊で美しく、楠の一木造りでは日本一といわれています。
また、一年を通じて様々な花が咲き誇り、花の寺としても有名です。
その中でもアジサイは散策道が見事なので大勢の観光客が訪れます。

拝観時間:8時~17時(閉観17時半)、10~2月までは8時~16時30分(閉山17時)
拝観料 :大人300円 小学生100円
所在地 :鎌倉市長谷3-11-2
最寄り駅:江ノ島電鉄 長谷駅徒歩5分
駐車場 :30台。(30分につき300円)
HP  :http://www.hasedera.jp/

光則寺(見頃が早く6月上旬が目安)

長谷寺の近くにあり、こちらも花の寺として知られており、桜や紫陽花、紅葉なども有名ですが、樹齢200年のカイドウが名高い寺です。
光則寺の紫陽花はヤマアジサイが多く現在200種類以上あります。
ヤマアジサイは西洋アジサイよりも見頃が2週間程度早いのでご注意ください。
(ヤマアジサイは咲き始めの時期に見るのが一番美しくおすすめ、ということもあります。)
6月初めに行く場合は、まだ西洋アジサイは見頃を迎えていないことが多いのですが、
例年ですと、光則寺はちょうど見頃になります。

拝観時間:7時30分~日没
拝観料 :100円
所在地 :鎌倉市長谷3-9-7
最寄り駅:江ノ島電鉄 長谷駅徒歩6分

御霊神社(ごりょうじんじゃ)

江ノ電沿いに咲くあじさいと、神社社殿の後ろにあるあじさい小道が見どころです。
長谷寺に比べて規模が小さいのですが、江ノ電と一緒にあじさいを楽しめるのがおすすめポイントです。

所在地 :鎌倉市坂ノ下4-9
最寄り駅:江ノ島電鉄 長谷駅徒歩4分
(長谷寺と成就院の間にあり、長谷寺の駐車場奥の裏口から出るのが近道です。
比較的静かな神社で紫陽花の穴場。神社前に江ノ電の踏み切りがあり、線路沿いに紫陽花が少しあります。)

鎌倉の紫陽花 余裕があれば追加したい場所

ここでご紹介する2つの寺院はあじさいよりも、鎌倉の長谷に来るなら有名な場所もあるんだよ、時間があるなら観光して損はないよ、という意味です。あじさいは咲いていますがメインではありません。

極楽寺

長谷と極楽寺の間にある成就院を見る場合は、成就院の後に極楽寺へ行くコースも良いのですが、2017年までは成就院のあじさいが見られないので、長谷で色々楽しんだ後にここに立ち寄るのは元気な人でないと苦痛かもしれません。

所在地 :鎌倉市極楽寺3-6-7
最寄り駅:江ノ島電鉄極楽寺駅下車徒歩3分
駐車場 :なし
拝観時間:9時~16時30分
拝観料 :無料
※宝物殿は300円で1/1~15、3月彼岸~6/30、9月彼岸~11/30の土日祝日のみ開館(10時~16時)

高徳院

子供連れの場合は花ばかりでは子供が飽きてしまうので、胎内を拝観できる鎌倉大仏を見せると気分転換になることもあります。また、長谷駅から高徳院までの道にアイスクリーム屋さんなどもあるので、寺の移動中に休憩するのも良いでしょう。(紫陽花ソフトクリームを売っている店もあります。)

拝観時間:4~9月 8時~17時30分(10~3月 8時~17時)
大仏胎内拝観時間:8時~16時30分
拝観料 : 大人200円 小学生150円
大仏拝観料:別途20円
所在地 :鎌倉市長谷4-2-28
最寄り駅:江ノ島電鉄長谷駅徒歩7分
駐車場 :周辺に有料駐車場複数あり。詳細はこちら
HP  :http://www.kotoku-in.jp/top.html

さいごに

鎌倉の長谷エリアの紫陽花は明月院のある北鎌倉に匹敵するくらい美しく、観光客がたくさん訪れます。
長谷エリアは観光客も多い場所ですし、ゆったり楽しみたい場合は開門から朝10時前までに行くほうが良いです。
また、お寺によっては駐車場もありますが、この周辺の道路は日中ずっと混雑しており抜け道もないため、出来るだけ車を使わず江ノ電を利用するのがおすすめです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑