派遣で働くときの注意事項は?(1)求人探しと登録【失敗談シリーズ】

公開日:  最終更新日:2015/06/12

派遣登録
この夏、子供が学校に通っている間に働けないかと考えて
パートや派遣の求人を色々チェックしていたところ、
派遣でパート労働できそうな求人があったので
早速応募してみました。

ですが、
派遣労働というのは私にとっては10年以上昔の経験で、
注意すべきことなどをすっかり忘れていたようです。

残念ながら、約2ヶ月勤務した後に、
契約途中で終了することになりましたが
思い返すと、いくつかのポイントがあったなあと感じます。

これから数回に分けて私の失敗談と、
派遣労働する場合、今後に活かすべき注意点などを書いていきます。

スポンサードリンク

求人探し

求人を探す上での私にとっての最低条件は、

(1)子供が小学校に通っている時間帯
(2)勤務先が家に近いこと
(3)即戦力として働きたいので経験職種であること

以上3点です。

しかし、子供が学校に通っている時間帯というのがなかなか難しいのですよね。
小学校中学年だと6時間授業は週1回だけ。
ですので、基本的に14時半までに家に帰るためには、
普通だったら近所のスーパーのような場所でパートする程度しかありません。

ですが、私の経験職種は事務系(総務人事、法務、経理財務、営業事務、結構幅広い)です。

ここでミスマッチが起こるんですよね。
こういう事務でパート労働的な仕事ってなかなか無いのですよね。

でも、小さい会社で事務員をフルで雇わなくていい会社はどこかにあるのでは?と考えて、
派遣やパートで仕事がないかと探していました。

そんなところに、転職総合サイトに
小さい会社で総務のパート的な仕事というのがあったのです。
仕事概要を見るとこのようになっていました。

仕事内容:給与計算、社会保険手続き等
勤務時間:10時~15時程度、相談応
応募資格:給与計算、社会保険等総務経験者

まさに、自分が求めていた求人そのまま!

ということで、早速総合サイト経由で応募したのでした。

派遣会社への登録

1.当日の流れ

派遣で仕事をする場合は、総合サイトで仮登録をしても、
その求人を紹介してくれるかどうかの返事をしてもらえず、
まずはその派遣会社への正式登録が先です。

ですので、早速先方からメールがあり
登録するために一度来社して欲しい、
という内容が書かれていました。

そして、実際に登録しに行ったところ
このような流れでした。

10時訪問
~11時頃 スキルチェック、
~11時40分 面談、登録書類を読みサインなど
(この段階では求人紹介はありませんでした。)

同じ時間帯に3,4名の女性が私同様に登録しに行っており、
なぜか厳しい担当者からの指摘があった様子の人や、
私と同じように1時間以上面談に及ぶ人もいて、
派遣会社も面談で見極めているのかなあという気配がしました。

スポンサードリンク

2.スキルチェック

スキルチェックは、
各科目10分~20分程度でWord、Excelの操作入力なのですが、
入力の速さだけでなく、使い方をどの程度マスターしているか、
という細かいものでした。

私のPCスキルですが、入力の速さは少々速い程度でしょうか。
テンキーはかなり速いと自負していましたが、
使い方については自己流だったし、
今回はWord、Excelともに2003で、未経験のもの。
2000と2003の違いはたいしたことないだろうと思っていましたが
初めてのパソコンで初めてのソフトで戸惑ってしまいました。

約15年前に派遣登録した時にはすごく良い得点だったと記憶していますが
今回は平均値程度しか出来なかったのだろうな、と
ちょっと悔しい気分でスキルチェックを終えました。

3.担当者との面談

その後の面談ですが、求人案件の担当者が不在とのことで
別の担当者と面談したため、実際に紹介してもらえるのか不明なまま。
ですが、私の求人紹介基準がどの程度かはかなり探りを入れてきたようです。

時給はどこまで下げたら紹介していいのか、
勤務時間帯はどこまで緩められるか(子供の学校の時間帯だけだと厳しすぎるので)
求人内容はどの程度広げられるか(事務系はかなり幅広く経験あるので)

このようなことを訊かれたためか、登録時間は他の登録者よりも長く、
一番最初に訪問したのに、一番最後まで時間がかかってしまいました。

【教訓】登録面談は事前準備をすべき

1.身だしなみとマナーは押さえておきましょう

派遣で働く場合は、Web上の仮登録だけでなく、
派遣会社でスキルチェックや面談を行うことが必須です。

派遣労働の場合、派遣先での面接は法律上行ってはいけないので
派遣登録時の面談が、企業面接と同じようなハードルなのでしょう。
ですので、

・身だしなみ(服装)
・言葉遣い
・ビジネスマンとしてのマナー

このような事項は当然チェックされ、
派遣会社が派遣先に紹介できるかどうかを判断されるようです。

希望する業務内容、職種内容、勤務時間帯などの条件を事前に整理しておくほうが
派遣担当者からも紹介を受けやすいと思います。

2.スキルチェックの準備をしましょう

事務的業務の場合、Word、Excelのスキルチェックが基本だと思います。
背伸びして就業を決めても就業先で続きませんので、
普段の実力がそのまま出るように、
過度の緊張をせずに臨めば大丈夫だと思います。

ただ、私のように数年間のブランクがある場合は、
パソコンに対する感覚が鈍っているかもしれませんので、
多少復習しておくほうが良かったのかもしれません。

まとめ

今回は、派遣労働するにあたり、派遣登録までの体験をお話しました。
次回は、実際の企業での顔合わせについてお話します。

■今回の派遣シリーズ目次はこちら→派遣で働くときの注意事項シリーズ 目次

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑