鼻うがいで痛いのを避ける方法は?耳に水が入ったら中耳炎になるの?

公開日: 

hana
鼻うがいは花粉症対策や風邪予防に良いと聞くけど、プールに入ると鼻がツーンとして痛いのと同様に、鼻うがいも痛い思いをするのではないか、と不安になる人が多いです。

でも、実はやり方次第なのですよね。

また、もう1つ、鼻うがいで怖いと言われているのが、

「耳に水が入るのではないか」
「耳に水が入ったら中耳炎になるのではないか」

ということです。
でも、こちらも、正しいやり方が出来れば、そんなに不安になることはないのです。

今回は、鼻うがいの際に、逆に健康を損ねることなく気持ち良く続ける方法について、我が家の経験も踏まえてまとめました。

スポンサードリンク

鼻うがいで痛いのを防ぐには?

鼻うがいで痛いと感じる理由はいくつかありますが、大きな要素としては「鼻の粘膜への刺激」があります。

粘膜は非常にデリケートなので、ちょっとのことでも刺激になり痛みを感じるケースが多いのです。そこで、刺激を与えないよう、

・温度→人肌程度(37度程度)
・洗浄液→生理食塩水(濃度0.9%の食塩水)

この2点に注意することが大切です。
※ぬるま湯180mlに塩1.5g(小さじ1/4程度)を入れるのが目安です。

慣れて鼻の中がスッキリすれば(蓄膿等がなければ)普通の水道水でやっても痛くないのですが(私は慣れているので、急いでいる場合は真水でやってしまいます)、最初はセオリー通り、温度と塩分濃度をきちんと守ってやると、痛みを伴わずにできますよ。

また、蓄膿症等で鼻が常に詰まっているタイプの人は、この条件の洗浄液でやっても、鼻の奥の方に洗浄液が届くと痛いと感じる人もいます。うちの娘もそんな感じで痛いと言っていましたが、そういう人の場合は次のように段階的に行っていくと良いですよ。

【ステップ1】鼻の入口周辺だけでも良いので、洗浄液を入れる習慣をつける。
【ステップ2】鼻の奥の方へ、少しずつ洗浄液が入るようにやる。

ステップ1では、洗浄液を無理に自分から吸い込んだり、反対の鼻の穴から出そうとする必要はありません。鼻の入口だけを「すすぐ」イメージなので、反対側の小鼻を押さえつつ、ちょっと顔を上げながら洗浄液を入れて入口付近を濡らし、出す時は下を向き、その鼻の穴から垂れ流すようにします。
鼻の入口だけでも洗浄液を入れるとさっぱりしますし、その部分の雑菌等を流し落とすことができます。やっているうちに、恐怖心も和らいでくるし、鼻に洗浄液が入った際に、ほんの少しだけ顔(顎)を上げてみる等していくと、少しずつ鼻の奥に洗浄液が浸みて届く感じになるのですよね。

鼻の入口だけやるには、さほど洗浄液は必要ないので、その状態で顎を上げても大した量は鼻の奥に入らないで済みます。だから、そんなに怖がらないで出来るのですよ。ちなみに、洗浄器具は、ハナノアやハナクリーンのような洗浄器具を使っても良いし、無くても掌で洗浄液をすくって鼻に入れても大丈夫です。

鼻うがいで血の塊が出るの?

ところで、鼻うがいをしていると様々なものが出てくるようになるので、その時になってビックリしないよう、どんなものが出るか知っておくと良いですよ。私の場合ですが、次のようなものが出てきました。

・透明のドロッとしたもの(直径2cm程度)
・白い糸のように細長いもの(長さ5~6cm程度)
・白いネバネバの塊と血が混じったようなもの(直径2~3cm程度)

血が混じると心配になりますが、鼻血のようにダラダラ出血が続くのでなく塊のようなものが出てくるだけなら、副鼻腔炎等の出血後のかさぶた等が出てきた可能性もあります。私の場合は、その時だけで終わり、鼻血のような感じではなかったので耳鼻科へは行きませんでした。結構大きい異物が出て、かなり鼻がスッキリしたし、鼻呼吸ってこんなに気持ち良いものなんだ、と感動した記憶があるくらいでしたから。経過を見て、出血が続く場合は心配なので、耳鼻科で診察してもらう方が良いでしょう。

人によって鼻詰まりの度合いなども異なるのでどんな物が出てくるかは明確なことは言えませんが、鼻にそんな大きな物が入っているの!?とビックリするかもしれないので、ここでお話ししました。


スポンサードリンク

鼻うがいで耳に水が入ったら中耳炎になるの?

鼻うがいをする場合、洗浄液を出すのは入れた鼻、反対側の鼻、口のどれかになります。ですが、鼻は口や喉とだけ繋がっているのでなく、耳にも繋がっているため、耳に水や洗浄液が入り込むというケースもあります。
ちなみに、鼻から耳へ繋がる部位は、鼻腔→上咽頭→耳管→中耳→鼓膜→外耳の順になっています。

耳に洗浄液が入ると中耳炎になるのではないかと心配になりますが、痛みがなければ慌てなくて大丈夫なケースが多いです。耳に水が入ったとしても、少しの量なら、耳から鼻へ戻ろうとする線毛運動(異物を体外へ出そうとする働き)によって自然に出ていくからです。ですから、一晩様子を見て、問題がなければ大丈夫でしょう。ただ、もし翌日になって耳が痛かったり、違和感がある場合は早めに耳鼻科で診察してもらう方が良いですね。

もし、耳に水や洗浄液が入ったまま鼻を強くかむと、中耳炎になる可能性もあるので注意してください。鼻うがいで一番注意しなければならない点がコレなのです。ですから、どの鼻洗浄器具にも注意書きとして「鼻の洗浄後は強く鼻をかまないように」と書かれているのです。

鼻うがいで耳に水が入らない方法は?

それでも耳に水が入るのは心配ですよね。だから、「耳に水が入らないような鼻うがい方法」を実践すれば良いのです。
それは「エー」と声を出しながら洗浄液を入れることです。

人の体には、鼻と耳の間に耳管という器官があります。通常の耳管は閉じているため、鼻に洗浄液を入れても耳に流れることはありません。ですが、耳管が開くと鼻から耳へ洗浄液が流れていくことになります。この現象は、唾を飲み込んだり、あくびをすると、気圧の調節で一瞬だけ開くのです。

「耳に水が入らないような鼻うがい方法」として「エー」と声を出すと言いましたが、こうすることで、あくび・唾を飲み込むのを防ぐことができるのですよね。
ちなみに、ハナノアでは「アー」、ハナクリーンでは「エー」と声を出しながら鼻うがいをするように、と書かれていますが、私がやった感触では若干ですが、「エー」の方がやりやすかったです。これは「アー」よりも「エー」の方が喉の奥の蓋が上がっているのか、洗浄液が少なくても反対の鼻の穴から出しやすかったからです。ただ、どちらでも、耳に水が入らないならやりやすい方で構いません。

鼻うがいで耳に水が入った場合の対処方法

鼻うがいで耳に水が入った場合、慌てず以下のことに注意してください。

・自然に洗浄液が出ていくのを待つ(私の経験では一晩程度で済みました)
・鼻に洗浄液が残っている場合は、鼻を強くかまないこと。
・鼻に洗浄液が残って気になる場合は、少し下を向きつつ左右にゆっくり頭を傾けたりして洗浄液が出てくるのを待つ(ティッシュを鼻の入口に当てておくと、ある程度は自然に洗浄液が出ていくと思います。)

洗浄液は、入れた量にもよりますが、意外と鼻の中に溜まっているもので、数十分、数時間経過してからポタポタと出てくることもあるんですよね。なので、鼻に洗浄液が残っている気がして嫌だなあと思わなければ、「鼻の粘膜が湿っていて気持ち良い」程度の気持ちで構える方が良いと思いますよ。(鼻に水が入ったままで気持ち悪い、と思うと強く「チーン」と鼻をかんでしまうのですが、こうすると中耳炎になる可能性もあるので決して強くかまないようにしてくださいね。)


スポンサードリンク

さいごに

鼻うがいをやる前は、痛みや中耳炎などのことが心配になるかもしれませんが、正しい方法でやれば痛みはほとんどないし、中耳炎にもなりません。鼻の粘膜についた花粉や雑菌を洗い流すとスッキリして日々気持ち良く過ごせるので、今回ご紹介したようにステップを踏んでやってみるといいですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑