初詣おみくじで凶が出た!何回までOK?持ち帰る場合の処分方法

公開日:  最終更新日:2014/12/30

omikuji
初詣は1年の始まり。
今年はどんな運勢か気になるので、おみくじを試したいけど、
凶が出たら嫌だなあ、とも考えてしまいますよね。
今回は、おみくじの凶が出たときにどうするか、何回でもやり直していいのか、
そのおみくじを持ち帰るべきかなどをお話します。

スポンサードリンク

初詣おみくじが凶だったときの考え方

そもそも、おみくじって何?

おみくじは、大昔に国の大事な取り決めをする際や、跡継ぎを選ぶ際、
人々だけでは決められない場合に神様のメッセージを伺うために
くじ引きをしたのが始まりです。

今は吉凶を占うことが重視されてしまっていますが、当時は
神様のメッセージを訊き、指導を仰ぐのが目的だったので、
常に保管して、時々読み返して日々の暮らしの指針とすべきものだったのです。

ちなみに、吉凶に重点が置かれ、おみくじを木に結ぶようになったのは江戸時代頃でした。

【吉凶の種類】

通常は7段階で、縁起の良い順番に、

大吉、中吉、小吉、吉、末吉、凶、大凶

となっています。(多い場合は12種類だそうです。)
でも、大凶はひいた人が落ち込むので入れていない神社が多いそうです。

【それぞれの確率】

いろんな説があるのですが、神社の知人に聞いたところ、
おみくじを作る会社へ発注するときに、
大吉の割合を多くする、凶を減らすなど依頼できるそうで、
正月は大吉を多くしていると言っていました。

ですので、神社によっても確率が異なると思います。

凶についての考え方

おみくじは、その人の運命や、その年の運勢の良し悪しを決めるものではありません。
神様からのメッセージで、「おみくじに書かれていることを気をつければ日々無事に過ごせますよ」という意味なのです。

また、「凶」の文字は、メの上が開いています。
つまり、「メ」=「芽」であり、芽が大きく飛び出して伸びていくという意味に繋がるので
今が良くなくてもこれからどんどん良くなるという意味なのです。

ですので、凶が出ても、何も不安を感じなくて良いのです。

おみくじは凶が出たら何回ひいてもいいの?

それでもやはり、凶が出たら気分良く思えない人もいるでしょう。
そんなとき、もう1度やっていいのか、大吉が出るまで何回でもやり直していいのでしょうか。

上にも書きましたが、おみくじは運命を決めるものではないので一喜一憂しなくていいのです。
要は、自分の気持ちの問題なのです。
気になるなら、何度もひいて納得するまでやり直してもいいのです。

ですが、その場合は様々な結果が出てしまい、どれを信じるべきか迷うかもしれません。
ですが、一番最後に引いたのが運勢と考えましょう。
その理由は、努力次第でどんなことも変えられるという意味が込められているからだとか。

せっかく中吉が出たのに、大吉が出るまで何度でも・・・と挑戦したら末吉だった・・・
というパターンだと、最後の末吉が「努力した結果」になってしまいますので
何回もと意地を張らずに、「1回限りの運試し」程度に気楽に臨んだほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

そして、吉凶の結果よりも、そこに書かれている神様からのメッセージの方が大切で、
それを日々読み直して実践して1年間過ごすことが大切ということをお忘れなく。

おみくじの作法とは?

何度引いても良いとはいえ、1つ大切なことがあります。
それは、事前に願い事を1つだけ決めて、謙虚な気持ちでおみくじを引くということです。

おみくじにはいろんな項目がありますよね。
これは、その神社で作るのでなく印刷物であり、
何の質問にも答えられるように、あらゆる項目について書かれているのです。
ですから、 自分に必要ない項目は読まないのが原則なのです。

例えば、おみくじをひいた小さな子供が「結婚運」が「悪い」と書かれていても、
その年に結婚することはないのでこの部分は読む必要がないのです。
関係ある項目、気になる項目だけを読みましょう。

おみくじは持ち帰る?木に結ぶ?いつ処分するのが正解?

私が小さい頃は、おみくじは神社の木に結ぶものといわれてました。
これは江戸時代からの風習で、
木々の生命力にあやかって、願い事がしっかり結ばれるように
という願いが込められているそうです。

でも最近は、木に結ぶことで木の生育に悪影響があることがわかり、
神社によっては「おみくじ結び所」があり、そこに結ぶようにとされているケースもあります。

ですが、おみくじの起源を考えると、
持ち帰って時々読み返して、日々の暮らしの指針とする
というのが良いでしょう。

ただ、色々調べてみると、「凶」のような悪いおみくじだけはその場で結びつけて凶を祓い、
これから吉に変わるようお願いする説もあるようです。

凶のおみくじを結ぶ場合は、利き腕と反対の手で結びましょう。
困難な行いを達成することによって凶が吉に転じる、といわれています。

いつ処分するのが正解なの?

持ち帰るのはいいけど、どこに保管して、いつ処分すれば良いのか悩みますよね。

おみくじはお守りではないので、普通にゴミ箱に捨てても問題ないといわれていますが、
神社でひいたものですし多少は気になりますよね。

ですので、時が経過してお守りや護符をお焚き上げする際に一緒にお願いするか、
境内のおみくじ結び所に結ぶようにしましょう。
(お守りと違うので、他の神社に出しても問題ありません。)

まとめ

おみくじは神様のメッセージであり、人の運命を定めるものではありません。
吉凶に一喜一憂せず、気をつければ無事に過ごせる、ということであり、
気軽な気持ちで引いてみましょう。

■初詣の記事はこちらにもあります。
初詣の基本マナー、神社と寺。お参りの作法、手水。お賽銭の金額は?

初詣の場所を変えるとお札返すのが困る?お守り複数一緒は駄目?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑