ためしてガッテンの泡しょうゆ★失敗の原因は?失敗なしで作るには?

公開日: 

昨日のためしてガッテンを見ていたら、
泡しょうゆの作り方がありました。

6月11日に一度放送されて大好評だったそうですが、

自分でやってみたけど
なぜか上手に泡だてることができない。
しぼんでしまう。

という失敗談があったそうです。
そして今回は、泡しょうゆを絶対に失敗しないで作る方法を教えてくれました。

スポンサードリンク

泡しょうゆって何?作り方は?

私は6月の放送を見損ねたので、泡しょうゆというのを知りませんでした。
今回は、TVのゲストも皆さん知っていたようで、
山瀬まみさんが実演していたのですが、泡立て方がとても上手で早かったです。
そして、完成した泡しょうゆをごはんにかけていたのですが
皆さん知っていて、とても美味しそうに食べていました。

これは、しょうゆを薄めているので味は確かに薄いのですが、
泡立ったことで他のおかずと合わせると馴染んでくれるので
薄味が気にならないんですね。
実際に食べてみて納得できました。
醤油大好きな我が家には、塩分取り過ぎないようにするには
とても良さそうです。

さて、作り方ですが、とっても簡単です。

【材料】
醤油     10ml
水      40ml
ゼラチン   1g
お湯(80度) 15ml

【作り方】
(1)ボウルに醤油と水を入れます。
(2)お湯でゼラチンを溶かして混ぜてからボウルに入れます。
(3)網じゃくしで約1分泡立ててから、更に氷水で約1分しっかり泡立てます。

早速今朝作ってみました。

朝慌しい中でやったし、網じゃくしが家にないので、普通の泡立て器でやりました。
0.泡立て
量が少ないので、この大きな泡だて器だとちょっと労力が無駄にかかってしまいました。

2.ごはんにかけて食べた
大人には美味しい味でしたが、9歳の娘には渋すぎたようです。
味はいいけど、ふりかけのように他の具がないから寂しい、と、少しだけで挫折。

たぶん、子供にとっては刺身のしょうゆ代わりに使うとか、
天ぷらのしょうゆとして使う等の方が向いている気がしました。

失敗する原因とは?失敗しないためにはどうすればいいの?

1)失敗する原因とは?

今回の特集でのポイントはコレ。

失敗するしょうゆは、「生しょうゆ」だったそうです。
生しょうゆを使うと、頑張って泡立ててもすぐに泡が消えてしまうそうなんです。

スポンサードリンク

通常のしょうゆは、殺菌や発酵のために加熱するのですが、
色々工夫した結果、非加熱でもしょうゆを作り出せるようになったそうです。
それが、生しょうゆだそうです。
非加熱だと、しょうゆ本来の香りや風味が濃く残って美味しいのですが、
酵素が活発なので、ゼラチンを固まらせようとする働きを阻害するのです。
だから、生しょうゆを使った泡しょうゆは失敗するのだとか。

2)失敗しないためには?

でも、生しょうゆでも失敗しない方法があるそうです。
それは、ボウルを最初に冷やしておき、最初から氷水で冷やしながら泡立てる方法。
そうすると、しっかり泡立ち、その後も泡がしぼまないで保てるのだそうです。

ゼラチンを固めるのを阻害する酵素は、30度くらいが一番元気だそうです。
それよりも温度が下がれば下がるほど弱ってくるので、
その性質を利用するのですね。

そうすると、果汁100%のジュースやとろみのあるものも泡立つようです。
今度試してみようかな、と思いました。
(あれば早速やりたかったけど、残念なことにジュースが1つもありませんでした。)

3)普通のしょうゆを最初から冷やすとどうなる?

普通のしょうゆを最初から冷やして泡立てると、ババロアのようになるそうです。
これは案外面白そうですけど、泡しょうゆをおかずとして楽しむには向かないのかなあと感じました。
でも、ババロアが大好きな人には試してみても良さそうです。

生しょうゆで作る場合のポイント
(1)ボウルを最初に冷やしておくこと
(2)最初から氷水で泡立てること
※普通のしょうゆをこの方法で作るとババロア風になるので避けたほうが良い。

おまけでこんなものをやってみました

娘には残念ながら不評だったので、何か別のもので試してみようと思ったのですが、
我が家にあったのはこの乳酸菌飲料だけ。

3.乳酸菌飲料

まあ、これでもいいか、と
乳酸菌飲料  40ml
ゼラチン    1g
お湯      15ml

で作ってみました。
しっかり泡立ったし、食べてみると軽めのシェイク?のようで美味しかったです。娘は大喜びで食べていました。

5.泡の乳酸菌飲料

まとめ

泡しょうゆ、酵素とゼラチンとの関係に気をつければしょうゆ以外にも色々応用できそうで面白そうです。
塩分控えめを考えるなら、すごく便利で健康的だし、食感も良いので一度試してみる価値はありますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑