母の日プレゼントもらえない事と由来の関係や欲しい場合対策

季節のはなし

hahanohi
母の日には毎年義母に気を遣って贈り物をするけど、子供達は私に何もしてくれない。
幼稚園の時には園で作った物を貰ったけど小学校以降はないしねえ。
でも、父の日には私が子供達に手伝わせてお祝いしてるのだから逆もアリじゃないの?

と考えたことはありませんか。
今回は、母の日のプレゼントがもらえない理由や由来を振り返り、
欲しい場合にどう対策するか、具体的な家族との関わり方をお話しします。

スポンサーリンク

母の日のプレゼントはもらえないの?

母の日のイベントは子供が幼稚園の時には活動の一環でお祝いしてくれますよね。
でも、小学校以降、学校というのは母の日のようなイベントはやりませんし、
子供たちは勉強や友達との関わりで精一杯です。

ですので、子供たちが自分から母の日に何かやってあげようという意識は無くて当然です。
せいぜい、早くても高校生くらいから、普通は大学生や社会人になってから考えるものです。
母の日が、子供に何かしてもらえる日という意識はしないほうがいいですね。

また、自分が父の日や敬老の日に子供と一緒に夫や親に対してプレゼントなどを企画していても、
母の日に夫が子供と一緒に何かをやってくれることは期待しないほうが良いですね。
母の日は「妻の日」ではないし、男性はイベントに対して鈍感な人が多いものです。
特に、結婚前は敏感に自分に贈り物をしてくれても、
結婚したら釣った物には餌をやらないというのか、興味がなくなるのか、
言わないとその日を忘れてしまうのですね。
私の夫もそうですし、父も義父もそういうタイプでした。

その気がない人に祝ってほしい、というのは意味がないし嬉しくないし、
相手には催促された、無理矢理させられたと感じられて
後々親子関係、夫婦関係に亀裂が入るかもしれません。

自分ばっかりどうしてやらなきゃいけないの?と不満が残るかもしれませんので
次に母の日の由来を再確認していましょう。

母の日の由来について日本の場合は?

母の日は世界各地でお祝いされていますが、国によって由来も日にちも異なります。
日本はアメリカの影響を受けているので先にアメリカの話をしますね。

アメリカでは、日曜学校教師アン・ジャービスの娘(アンナ・ジャービス)が、
小さいころに母から聞いた教えの1つ、モーゼの十戒「汝の父母を敬え」を
何かの形に出来ないかと考え、母の死後にMother’s Day Work Days(母の仕事の日)を設立し、
教会の追悼式で母が好きだった白いカーネーションを送ったのがきっかけです。

ちなみに、アン・ジャービスという女性は、日曜学校教師をしていましたが
様々なボランティア活動をしており、南北戦争が始まると、地域の女性を結束させて、
南北の負傷兵を敵味方問わず看病するなど、平和を願い献身的な活動をした勇気ある女性でした。

娘のアンナは行政や教育、宗教、産業界などに母の日制定の嘆願書を送るなど活動を続けた結果、
1914年にW.ウィルソン大統領が祝日に定め、その広がりと共に母の日の商業化も始まりました。

日本の母の日は、明治時代末期以降に教会で祝うなどしていましたが、
昭和に入り香淳皇后の誕生日である3月6日を別に母の日と制定した年代もありました。
ですが、戦後アメリカの影響で5月第2日曜日に行われるようになり、
今ではアメリカの由来が広く知られています。

そして日本でも「母の日」の商業化とともに本来の意味が忘れられているようですが、
そもそも母の日というのは「日ごろの母の苦労を労り、感謝を表す日」なのです。

母の苦労は、確かに義母や実母への気遣いで大変でしょうけど、
そもそもの由来を振り返ると、
「戦争中に勇気を持って中立的立場で社会貢献した女性への娘からの感謝」ですので
私達の苦労とは、スケールが全然違うのですよね。

これを確認すると、

スポンサーリンク

『もらわなくても、まあ仕方ないか。』

と諦めがつくかもしれませんね。

それでも母の日のプレゼントが欲しいなら、どうする?

まあ、私も小学3年生の娘がいるので、欲しい気持ちはよーく分かります。
もしプレゼントが欲しい場合は、次の2つの方法を考えてみると良いでしょう。

(1)ちょっとしたことを子供におねだりする方法。

「今日は母の日だから、ちょっとお風呂掃除くらいして
お母さんを楽させてくれるかなあ。」

「今日は母の日だから、お母さんも手抜きDayにしたいわ!
夕食を作らないで、家族皆で外食する日にしたいのよね。」

と、さりげなくアピールするのは良いと思います。

(2)家族に年間イベントの周知をする方法

子供たちや夫に理解を求めるのであれば、
例えば

父の日は、パパがラクする日
敬老の日は、おじいちゃん・おばあちゃんに何かプレゼントする日
こどもの日は、子供が楽しく過ごす日

という風に根回しすれば、

「母の日は、ママがラクする日なのよ!」

というのも家族が納得してくれるはずです。

まとめ

子供がまだ小中学生の場合は、「何かしてもらう」意識を持つよりも

(義母や実母に母の日でプレゼントして大変なのだし)、
母親として私も少しくらいラクさせてよね

というような軽い気持ちでいるほうが自分も家族も楽しく過ごせますよ。

スポンサーリンク

■母の日の記事はこちらにもあります。
母の日は義母と実母同じ物にすべき?やめたい場合は?おすすめは?
母の日プレゼントおすすめ義母向けとメッセージのコツや文例
母の日子供からのプレゼントは?メッセージカード文例や料理は?

コメント

  1. より:

    娘は自分の希望で小4から塾通いして中学~大学院まで私学で、卒業と同時に1人暮らしを始めて今は結婚して同県内で暮らしてますが、殆んど疎遠で母の日のプレゼントを貰った事がありません。私は娘の希望を叶える為に、20年間も家計を支えてきましたが感謝されてないのかな?と思うと虚しくなります。

    • ゆきえ より:

      Fさま

      コメントありがとうございます。

      自立心旺盛な娘さんなのですね。

      我が家と正反対なのでちょっぴり羨ましい気もしますが、
      (中学生なのに未だに母親にべったりで将来自立できるか心配中)
      Fさんにとってはあっさり親離れしてしまって寂しいでしょうね。

      (私の方がまだ子育て中なので母親としては後輩だし・・・
      とは思いますが、以下お話しさせていただきます。)

      いろんなお母さんとお子さんを見ていて感じるのが、
      本当に、子育てって自分の思うようにいかないものですね。
      (多くの場合、母親の描く子供の理想像とは真逆傾向に育つんじゃないかと。)

      たぶん、子供というのは自分が親となってそういう立場にならないと
      気づかないことってあると思うんですよ。

      いただいたコメントを読んだだけなので
      Fさんや娘さんのことを存じ上げていないのですが、

      今はまだ、「中学から大学まで私学に行かせてもらったのは感謝してるけど、
      でも私は(お父さんやお母さんと違う)自分の道を歩みたいの!」

      という、思春期の親への反発がそのまま続いて自立してしまったのかなあ、
      とも想像しております。

      20年もの間、娘さんを良い学校に通わせるために
      働いたり家計を切り詰めたりするのは本当に大変だったと思います。

      でも、もう自立してしまったのだから、
      ご自身が元気で楽しく過ごしていく、
      という方向で考えたら如何でしょうか。
      (私も含めて、たぶん、子供よりも親の方が子離れ出来ないケースが多いのではないかと。)

      あと、子供としては「親に感謝してるけどどう表現したら良いのか分からない」
      というタイプもいますよ。もしかしたら、お母さんにはそう振る舞えないだけで
      気持ちはあるかもしれないし。

      もう1つは、もしかしたら・・・ですが、ご自身の心の底に
      「どうして○○は私に感謝してくれないの!?○○のために今までこれだけ苦労したのに」
      という気持ちがあると、その波長が娘さんに
      「お母さんって鬱陶しいのよね」
      などという気持ちを与えてしまい、逆に嫌われる、敬遠される可能性もあります。

      ですので、母の日にプレゼントはおろか感謝の電話もなかった・・・とガックリせず、
      「娘が自立したんだから、自分の人生を謳歌するぞ!」
      という気持ちでこれからの人生を楽しまれると良いのではないかと感じました。

      私自身も正直言って、母とは交流はあるものの、小さい頃から自立心旺盛で、
      母とは距離を置きたかったタイプです。
      そして、大学では高い授業料を払ってもらって感謝はしたけど。
      「あんたにはこれだけお金かけたんだからね!」
      と言われてものすごく複雑な気持ちになった記憶があります。

      なので、娘さんの気持ち、分からなくもないんですよね・・・。
      とはいえ、子供が出来て子育てで苦労して、親の気持ちも分かってきたという段階です。

      たぶん、娘さんが結婚して子供を産んで育て始めると、また親子の関係も変わってくると思います。
      でも、それを待つというよりも、本当にご自身の人生を楽しむことができると
      娘さんも家に帰りやすくなるかもしれません。
      ぜひ一度ご自身の気持ちを見つめ直して、幸せを探求していただきたいです。

      長くなりましたが、何か参考にしていただければ幸いです。

      • より:

        ゆきえ様へ
        早速の返信、有り難うございます。思い当たる事は多々あります。冗談の効かない娘で「かかった学費を返して貰うまでは家を出さない」と言った事を本気にしたのだろうと思いますが…?
        従姉妹や友達の娘さん達からは母の日&誕生日プレゼントがあるそうで、「感謝されてないんじゃないの?」と言われる事があります。逆に上の息子には申し訳なく思ってます。大学院へ行きたいと言われた時に「あと2年間も学費がダブルのは…?」と言って、諦めて貰いました。
        でも娘は当然のように進学して、地方勤務を希望したので24歳で独立してしまいました。私は経済的に解放されから親娘の生活を愉しみたいと思ってましたが、4年前に結婚しました。
        でも、結婚式費用(海外挙式)は負担してくれたのが、感謝の気持ちかと思うのですが…?
        きっと、素直に感謝の言葉を言えないんですね。兄には「自分が子持ちになれば、親の気持ちが分かるようになるよ」と言われますけど…。最近、無性に寂しいと仲の良い親娘が羨ましいですが、頼って来ない方が良いと思うしかないですね。

        • ゆきえ より:

          Fさま

          度々コメントありがとうございます。

          いただいたコメント読んで、なんか、Fさんのお気持ちと娘さんの
          すれ違っている気持ちが分かるような気がしてきました。

          あくまでも想像ですが、
          上の息子さんってかなり優秀な方で、娘さんを見るときにいつも比較してませんでしたか?
          息子さんのことは褒めるけど、娘さんのことは「お兄ちゃんは○○なのに」とか。

          それを言わなかったとしても、娘さんの前で娘さんのことを褒めず、
          お兄さんのことばかり褒めてたことが多々あったんじゃないかなあと感じます。

          だから、自分から中学受験する、と言って頑張って私学に行ったのかなあ・・・と。
          「頑張って良い中学へ行ったら私もお兄ちゃんみたいに褒めてもらえるかな、お母さんに認めてもらえるかもしれない!」
          悪く言うと、
          「お母さんは私のことをダメ人間だと思ってるけど、やれば出来るのよ!見返してやる!」
          とか。

          中学受験はお金がかかるという事実は、小学校4年生の子供だと分からないでしょうし、
          親にとっては「なにもそこまでしなくても(お金ばっかりかかるし)」でしょうけど、
          子供にとっては「良い学校に通ったら自分も褒めてもらえるだろう」程度のものじゃないかな、と思うのです。

          だから、親は必死でお金のやり繰りをする苦労があるけど子供には分からないし。
          で、折角頑張ったし合格できて嬉しかったのに、お母さんには「あーあ、学費が大変だわ!」としか言われなかったとか。
          (ここでお母さんが、娘さんが合格したのを喜んだとは思いますが、第一の心配であるお金のことしか口に出せなかったとか。)

          そして、お金のことで親から
          >「かかった学費を返して貰うまでは家を出さない」
          ・・・と、文句言われて(親の気持ちは分からないから)、すごくショックだったんじゃないかなあと。

          思い浮かぶのが、
          「そりゃ、お金は確かに出してもらったけど、それだけじゃん!」
          「お母さんはいつも私に文句ばっかり言ってくる」
          「お母さんはお兄ちゃんばっかり可愛がって、私のことなんて全然可愛がってくれなかった」
          「お兄ちゃんばかり褒めて、私のことなんて1つも褒めたことないのに!」
          こんな言葉ですが。
          (実は私、こういうことを若かりし頃親に対してずっと思ってたので。)

          たぶん、
          親はお金を出せば、自分が子供を愛していることを気づいてくれるだろうと思っているけど、
          子供はお金だけ出されても、親の愛情なんて感じたことない。
          (自分の目の前で言うことは、自分の心配でなく、お金の心配しか無かったから。
          ←親としては、たぶん言ってるつもりなんでしょうけど、ここが伝わらないパターンが多い)
          じゃないかと。

          >結婚式費用(海外挙式)は負担してくれたのが、感謝の気持ちかと思うのですが…?

          ・・・感謝の気持ちなら良いのですが、もしかしたら、
          「これ以上お母さんに費用を援助して、とお願いしたら、お母さんに一生
          お金のことで色々文句言われ続けるかもしれない。だからしっかり自立してお金を稼がなきゃ!」
          という気持ちがあったかもしれません。そして、そのおかげできちんと就職して結婚したのかもしれません。

          色々書いてしまいましたが、2回コメントいただいた内容が、お二人にすごく共感できたので
          (勝手な想像かもしれませんが)長くなってしまいました。
          Fさんにとってはかなりショックな内容かと存じますが、心当たりがあったら、娘さんと一度お話ししてみたら如何でしょうか。

          たぶん、娘さんの心は結構こじれている気がするので、何か訊いてもパッと言葉とか積もった思いが出てこない可能性はありますが。

          なんなら、このブログの記事と、Fさんと私のコメントのやり取りも印刷してそのまんま見せて、
          「このブロガーさんにこんなこと言われちゃったよー」
          なんて、世間話的に使っていただいても良いですよ。
          (↑見せてみたら、「いや、私そこまでお母さんのこと嫌ってないよ」なんてなるかもしれないし。)

          Fさんと娘さんの明るい未来のためにも、お互い伝え損ねていた気持ちをぶつけてみるのが良い気がします。

          ただ、お二人のこれまでがあったからこそ、娘さんも就職して自立して結婚できたのだし。お互い寂しい気持ちはあったと思いますが、これまで歩んできた人生はやはり貴重なものだったはずです。だから、今までの失敗は「気持ちに気付かなくてごめんね」と言って、気持ちがスッキリできれば良い方向に変わっていくんじゃないかな、と思います。

          親というのは子供が2人いるとどうしても比較してしまうものですが、子供にとってはコレが最悪なんですよね。
          特に、褒められない側の子供は、ものすごいもう一人に対してコンプレックスを抱くし、親に対しても一物持ってしまうものです。
          娘さんはこれから子育てでしょうし、このあたりの娘さんの気持ちがスッキリすることで
          娘さん自身の子供を育てる上でも良い心が培われていくと思います。

          当初のブログ記事からは程遠いコメントのお返事になったかもしれませんが、
          昔の私と母を見ているような気がしてしまったので、長々お話しさせていただきました。
          Fさんと娘さんの人生が、より良い素敵なものになりますよう願っております。

          • より:

            ゆきえ様へ
            昨日は一日中、Googleを見ながら外出していて帰宅したらバッテリー切れになってしまいました。
            今更ですが、これが所謂ブログ?でしようか? 普段はネット通販等に使用していて、名前・アドレスはそのままクリックしてしまったのですが、ペンネームで良かったのですね? 子供達に見られてしまったらと思いますが、名前を消す方法はありますか? 初めての経験でして、有料でしょうか?
            昨日ご指摘頂きました件ですが、息子ばかりを褒めていたと言う事はありませんでした。息子はおっとりタイプで特別に秀でていた訳でもなくて、何時も「お兄ちゃんなんだから…」と我慢ばかりさせてました。
            息子に私立中学受験をさせたかったのですが、塾に通ってまで受験したくないと言われて中・高校とも公立校でしたので、娘が褒めて貰いたくて頑張っていたとは思えません。 ある時、小学校の授業はおかったるくて、塾の授業はランク別なので楽しいと言ってました。そして、中学&大学ともに国立校に合格したので親としてはホッとしたのですが、本人の希望で中・高一貫校の私立校~私立大学・大学院へ進学しました。
            なので、全て希望通りにしてきたつもりでも就職と同時に独立したのには何か不満があったのでしょうか?

          • F より:

            ゆきえ様へ
            こんばんは! 早速、名前を訂正して頂き有り難うございます。
            昨年まで頻繁に会っていた友達と疎遠になってしまい、殆んど家に居て寂しい日々ですので、つい余計なことを考えてしまいます。
            そして、ネットを見たりして訳も分からずにブログにコメントして、色々とアドバイスを頂き有り難うございました‍♀️

          • ゆきえ より:

            Fさま

            こんばんは。

            お名前の方はすぐに修正したのですが、
            お返事が遅くなってすみません。

            小さい頃の子供にとっては「親=自分の世界全て」みたいなイメージで、母親の一言は絶大なんですね。
            親としては些細なお小言だったのに、子供にとっては自分の全てを否定されたような気になってしまうこともあります。
            Fさんご自身がかつてご両親との会話でそんな経験したことはありませんでしたか?

            >息子はおっとりタイプで特別に秀でていた訳でもなくて、何時も「お兄ちゃんなんだから…」と我慢ばかりさせてました。

            ・・・息子さんに対する罪悪感があるということは、恐らく娘さんに対して別の感情があったと思うし(もしかしたら無自覚で、無意識で「お兄ちゃんには我慢させているというのに、私がこんなに苦労して●●の学費を捻出しているというのに、●●はどうして感謝してくれてないの?」と押しつけとか、非難する気持ちで、何か特別なことがなくても言葉尻に恩着せがましい波長が(娘さんの方向に)飛んでいっていたかもしれません。

            (高い学費を12年間も払い続けるのはもちろん感謝すべきものと思うし娘さんも感謝していると思うのですよね。
            でも、それを親から押し付けられると・・・なんです。)

            >娘が褒めて貰いたくて頑張っていたとは思えません。

            ・・・褒めてほしい、という言葉だと可愛らしい感じがして違和感があるならば、
            「お母さん大好き」という感情が小さい頃から希薄だったかもしれません。(私の場合を振り返ると、ですが。)
            多くの子供は母親が大好きで、親に褒めてもらいたい、認めてもらいたい、そうでないとしたら悲しいので一生懸命振り向いてもらいたい行動をする、なんて話を聞いたことがあります。ですが、私の場合は幼少期から両親に対する気持ちが希薄で冷めていたんですよね。

            >中学&大学ともに国立校に合格したので親としてはホッとしたのですが、本人の希望で中・高一貫校の私立校~私立大学・大学院へ進学しました。
            なので、全て希望通りにしてきたつもりでも就職と同時に独立したのには何か不満があったのでしょうか?

            ・・・娘さん、優秀だったんですね。ただ、やはりコメントを見て感じるのが、母娘の会話が少なかったんじゃないかなあということです。進路の表面的な部分では確かに娘さんの「希望通り」だったかもしれないけど、真の望みは別のところにあったのかもしれません。

            なぜ本人がそういう希望を言ってきたのか、本当にやりたい勉強が何だったのか、どんな仕事についてどういう風に人生設計を描いているか考えているか、など、深い本音の部分の理解が互いに出来ないまま自立しちゃったんじゃないかなあと思うのです。もちろんお金を出す親に対して「■■大学の■学部で勉強したい」程度のことは伝えただろうけど、小さい頃から大学院生活までの楽しいことや辛かったこと、悩み苦しみ等、何か相談を受けたことありますか?(私は全く母に相談できなかったし、する気にもなれなかったのですが。)また、娘さんの話を聞いて「ああ、そうねえ。お母さんもそんな経験あったわー、大変だったねえ。」等(これは一例ですが)共感した経験ありましたか?

            よく話し合わないと理解できないことって、親子であっても沢山あるんですよね。
            極端な言い方かもしれませんが、親って、子供にいろんな感情があるって気付いていないケースが多い傾向がある気がします。
            「まさかうちの子、そんなこと考えていたの!?」ってこと多いんですよ。
            ただ、「自分は頑張ってお金を捻出すれば子供は感謝してくれるに違いない」って思う親が多いんじゃないかなあ。(私の親がこういう典型だったので。)

            私の場合は表面上反抗期もなく大学まで卒業させてもらい、実家から仕事に通い、結婚して子供が生まれ。でも、暫くは子供を見せる気にならなかったので(両親にとっては唯一の孫だったため、一人息子の家に嫁に行ったにも関わらず「自分の家に引き取りたいくらい可愛い」なんて嫁ぎ先の義父母の前で冗談言ってきたので呆れて帰省する気になれず)産後も嫁ぎ先でずっとお世話になっていたものです。
            その後、親の気持ちや昔の状況なんかも分かってきて少しずつ親と話せるようになり、今は時々電話したり娘を連れて帰ったりするようになっていますが。

            こんな感じなので、最初にコメントいただいた中であった、
            >「感謝されてないんじゃないの?」と言われる事があります。

            ・・・については、正直言って、今の娘さんの心境を想像すると、そうかもなあ・・・(私もかつてそうだったよなあ)と思ってしまった次第です。

            でも、これまで娘さんにそう思われていたとしても、これから改善することもできますよ。(我が家がそうだったし。)
            なので、あまり落ち込まずに、娘さんや息子さんといろんな話をして、二人がどんなことを考えて成長してきたのか確かめてみては如何でしょうか。(たぶん、娘さんは金銭面とか物理的な面でのことよりも、お母さんが自分の気持ちを聞いて受け入れて共感してくれる、寄り添ってくれる、という方を求めていたんじゃないかなあと感じてます。)

            我が家の経験を元にお話しさせていただきましたが、我が家が極端なだけでFさんのお宅はまた別のところに理由があるかもしれませんし、ぜひこれからの人生を豊かにするためにもご家族でいろんな話をしてみてくださいね。

  2. F より:

    ゆきえ様
    普段は難しい事柄のブログをされているにも関わらず、私の下らない人生相談にお付き合い頂き、すみません。コミュニケーション不足だったのは否めません。確かにお母様の気持ちとソックリだと思います。
    そして、ゆきえ様と娘の気持ちも…?
    何かの機会に娘とゆっくり話せればなぁ~?と思います。色々とアドバイス有り難うございました。

    • ゆきえ より:

      Fさま

      こんにちは。

      >私の下らない人生相談にお付き合い頂き、すみません。
      ・・・いえいえ、何かお役に立てたなら良かったです。

      Fさまがご家族と今後たくさんお話しして
      笑顔が溢れる人生になりますように。

      私自身も、今回母との関係を改めて振り返り、
      より前向きに考えられるようになりました。
      Fさまからコメントいただいたお陰です。
      ありがとうございました。

      • F より:

        ゆきえ様
        こんにちは!
        お礼を言われるなんて、とんでもないです。こちらこそ、何度も有り難いコメント頂き嬉しいです。同居の主人とは卒婚状態で、息子は昨年から転勤してほぼ会話のない毎日なので、コメント頂くと唯一の会話のようで返信してますが、ご迷惑でしたら見過ごしてくださいね。
        お母様の気持ち=私で、ゆきえ様の気持ち=娘のようで親近感が湧いてきて、考え方が少し前向きになってきました。まだ子育て中で忙しい毎日を過ごしていらっしゃると思いますが、直接お話しできる機会があれば嬉しいです。 因みに横浜在住ですが、時間はたっぷりあるので、お近くまで行く事は出来ますので…。

        • ゆきえ より:

          Fさま

          たびたびコメントありがとうございます。

          前向きになってきたのでしたら良かったです。
          我が家は自立心旺盛な私とは全然真逆の子供ができてしまい、
          中学生だというのに未だに手がかかっております・・・。
          (色んな病気やら症状を抱えている子なのですが、
          一口では言えないので割愛させていただきます。)

          (心理カウンセラーさんの見解では、私と母が親子関係を
          きちんと昇華できていなかったのがモロに出ている、
          というようなことを言われたことがあります。
          なので、それもあって子供が生まれてから母との関係を修復したり
          色々試みてはいるのですが、まだまだ子供へ与えた影響は大きいようで。)

          なので、東京の奥の方に住んでいるのでお会いできない距離ではないのですが、
          子供のことがあるのでお会いするのは難しいなあと感じております。すみません。

          まあ、こういう自分の経験があるからこそ、もしFさんと娘さんの関係が同じような感じであれば、
          気付いた時点でお互いの心の底を確かめ合う、ということが大切なんじゃないかなあと思ったのですよね。

          そうそう、蛇足かもしれませんが一言。
          娘さんに対して「私のこと構ってよ」オーラが出ると退かれたままかもしれません。
          (これはFさまに限らず。我が家で典型的なのが「夫の娘に対する『構って』」オーラなんですけど。
          もう、夫が娘に嫌がられている様子といったら哀れなものですが、自業自得としか言いようがないのです。)

          息子さん、娘さんが自立して暇になり、夫も暇になり。でも今更お互いに仲良くするのもねえ・・・という時にすごく寂しい気持ちになるものですけど、第二の人生を充実させていくと様々なことが変化すると思いますよ。毎日が楽しいし。そして、そういう姿をお子さん方が見ると、
          「あ、お母さん何か変わったかも。(今までしつこいなあ、メンドクサイ親だなあと思ってたけど)最近イイ感じじゃん・・・?」
          と、自然に歩み寄ってくるかもしれません。
          (たぶん恋愛と同じで、自分が相手のことを気にしてネチネチ考えているうちって、関係修復は難しいんですよね。)

          なので、お金をかけるような趣味じゃなくても良いと思うのですよ。
          家事が好きなら徹底的にやって毎日楽しむとかでも。掃除でも料理でも。
          誰かに見せるためのものでなく、「それをやっている時の自分が楽しい」というのが見つけられると良いですね。
          そうして、毎日楽しく過ごしてみてください。
          すると、ご自身でいろんな気付きがあるかもしれないし、娘さんとも話しやすくなると思いますよ。

          • F より:

            ゆきえ様
            こんにちは!
            度々、失礼します! お嬢さんにまだ手が掛かってるのを知らずに、我儘を言って、すみませんでした。そもそもの「母の日」の由来は私とは比べ物にならない偉大なお母様の為だったので、貰えなくても当然ですよね(笑)
            周りの人達が毎年「母の日」にプレゼントが有るのは本当に尊敬されてるか、そもそもの由来を知らずに恒例行事にしているんですかね?
            昨日のコメントにご主人様の事がありましたが、我が家でも娘が嫌ってたと思います。進路の話になった時「宇宙工学を専攻したい」と娘が言ったら、夫が「東大の宇宙工学〜NASAだな」と決め付け、それに反発して他の国立大学を受験したのですが、第2志望学部の合格だったので私立大学へ進学しました。
            義弟が「兄貴は自分の考えを人に押し付ける」と言った事がありますが、正しくそうです。私も今になって思うには殆んど夫が言う通りにしてきてしまい、後悔してますが…? こう言う二人を見て育った為に早く自立したかったのだと思います。娘は父親だけを嫌ってたと思っていたのですが、私の事もだったのですよね? 学生時代は部活動に明け暮れ、私は仕事で帰りが遅くて悩み事等を話さず(聞いてあげれず)でした。社会人になったら、ゆっくり親娘の生活を愉しみにしてたのですが、その過程が大事だったと今更ながらに感じます。

          • ゆきえ より:

            Fさま

            こんにちは。
            お返事が大変遅くなってすみません。

            最近子供の病院通いに連日付き添ったりしてバタバタしておりました。
            (呆れ果てるくらい、毎日「あっちが痛い、こっちも痛い」と言う子供でして、原因不明の症状も色々あり、我が家のカードケースには子供の病院の診察券が溢れるくらい入っておりますorz)

            >周りの人達が毎年「母の日」にプレゼントが有るのは本当に尊敬されてるか、そもそもの由来を知らずに恒例行事にしているんですかね?
            ・・・どちらかというと、恒例行事だからやる、という感じじゃないかなあと思うんですけどね。
            そこの中で、「お母さんのことあんまり好きじゃないからメンドクサイ」という人が贈らないとか。

            >進路の話になった時「宇宙工学を専攻したい」と娘が言ったら、夫が「東大の宇宙工学〜NASAだな」と決め付け、それに反発して他の国立大学を受験したのですが、第2志望学部の合格だったので私立大学へ進学しました。
            ・・・ウチはそんなハイレベルじゃないですけど、夫のタイプは何となく似てるかもしれませんw
            単なる興味レベルで子供が投下すると、それに対して「最高品質の物じゃないと駄目だ!」って押し付けるんですよね~。

            >私も今になって思うには殆んど夫が言う通りにしてきてしまい、後悔してますが…? こう言う二人を見て育った為に早く自立したかったのだと思います。
            ・・・まあ、F様としては御主人に対する気持ちで色々後悔していらっしゃるでしょうけど・・・昔の時点で気づいていても、頑固な夫の矯正というか、夫の言う通りじゃない行動をするのは難しかったんじゃないかなあと思いますよ。我が家も、頑固な夫の言う事を10年以上軌道修正できずにいましたが、まあ、夫が失敗するだろうな、というのもモヤモヤ見守りつつ、案の定失敗した(2~3百万円損しそうな出来事が最近あり・・・)、というところでようやく私の話に耳を傾けるようになってきました。子供に嫌われていることも、「そんなのどうでもいい」と言ってたツケがこの数年で顕著になり、ようやく最近、夫のどこが悪いのかを小出しネタとして夫に伝えられるようにになったのが現在の状況です。(でも頭がまだまだ固いので全然理解できてない。)

            >娘は父親だけを嫌ってたと思っていたのですが、私の事もだったのですよね?
            ・・・ウチの母も、一度「(熟年=定年退職)離婚する!」という話が持ち上がったことがあるのですが、その際に20歳だった私が「(どっちも嫌いだから)一人暮らしする。どっちにもついていかないよ。大学退学して就職するから~。」と実行しようとしてたら大いにショックを受けてましたねえ。特に母が。「女の子は普通母親についていくものでしょ!?」と大きな声で言われましたねえ。
            (結局、私の話にショックを受けたらしくてお互い反省して元の鞘に収まりました。そして私も大学は退職せず、普通に卒業させてもらったのは感謝しています。)

            娘さんとしては、五月蠅い父に対して何も反論せず自分の味方になってくれないお母さんのこともイライラしてたんじゃないかと感じます。(私的解釈なので実際と違うかもしれませんが。)

            >学生時代は部活動に明け暮れ
            ・・・部活動が好きだったのが大部分だったかもしれませんが、もしかしたら、「家に帰ってもつまらない。お父さんは口煩いし、お母さんは何も助けてくれないし・・・」とか思って部活動に打ち込んでいた気持ちがあるかもしれません。

            夫婦関係、親子関係は人それぞれのパターンがあるとは思いますが、たぶんFさまのご家庭と我が家はなんとなく共通点が多い気がします。(ご主人、もしかしたらアスペルガーとか発達障害傾向ありませんかねえ?我が家は夫が典型的なアスペルガーなんですよ。)難しいこともあるでしょうけど、少しずつご主人やお子様方とお話ししてみると良いと思いますよ。(昔は頑固だったかもしれないけど、老化して少し丸くなったり、人の話を聞かなきゃいけない、という気持ちも湧いてくる時期かもしれません。)

            子供の学校行事や病院通いに振り回されている関係でお返事が遅くなるかもしれませんが、何かありましたらお気軽にコメントいれてくださって構いませんよ。

  3. F より:

    ゆきえ様
    お久しぶりです。ポピー摘み取り体験・切り花を長持ちさせるには…?を興味深く読ませて頂きました。
    私は切花&鉢植も直ぐに枯らしてしまうんですよ。切り花は水切り,茎焼き,氷水,漂白剤を入れても、どうも長持ちしないんですよ。 花の種類によって使い分けなければダメなんですね。だいぶ前には鉢植のシクラメンが蕾のまま、全て落ちてしまったので花屋で聞いたら環境の変化に弱いとの事で、それ以来は鉢植を止めました。
    お嬢さんの体調不良で大変だったんですね。私は5月末〜仙台へ行き、その後息子が会社の研修を兼ねて3日間、帰宅してたので5ケ月ぶりに充実した愉しい日々でした。凄く良い気分転換が出来て活力が湧いてきました。
    ご指摘頂いた主人の件は半年くらい前に娘からも言われ、ハッ‼️と気づきました。
    確かに思い当たるところが多々あります。自分の考えが全て正しいとの思い込みが強くて、それに40年以上も振り回されてきてしまったのです。これから先は残り少ない人生を自分の為に愉しみたいとつくづく思います。
    ゆきえ様と共通点が多く感じられますので、今後も連絡させて頂けたらと思います。宜しくお願い致します。

    • ゆきえ より:

      Fさま

      こんにちは。

      私も実は結構苦手なんですよね~。
      亡き義母が胡蝶蘭などの鉢植えを上手に育てていたので教えてもらおうとしたのですが、
      「適当で大丈夫なのよ~」の一言でおしまいで・・・。
      要は愛情なのか、気に掛けてあげればいいのか、
      無意識でやっているコツでもあるのか・・・と悩んだのですが答えが未だに分かっておりませんorz

      >お嬢さんの体調不良で大変だったんですね。
      ・・・私も虚弱体質ですが、母子関係が希薄だったので「(毎日体のあちこち痛いと思ってるけど)そんなもんか~」
      という気持ちで育ってきたのですが、娘はモロに正直に痛みを訴えてくるので(感覚過敏なので痛みに超弱い)小さい頃から毎日大変なんです・・・。
      (こういうのが、自分のインナーチャイルドを癒していないまま母親になると、モロに影響してくるんですよね。)

      Fさまはとても充実していたようで良かったですね!

      >ご指摘頂いた主人の件は半年くらい前に娘からも言われ、ハッ??と気づきました。
      >確かに思い当たるところが多々あります。自分の考えが全て正しいとの思い込みが強くて、
      >それに40年以上も振り回されてきてしまったのです。
      ・・・うんうん、娘からすると、
      「なんでお母さんはお父さんの味方ばかりするのよ!?
      だって、ソレ、極端過ぎじゃん!おかしいよっ(怒)
      お母さんって、自分で何か判断するとか出来ないの?」
      とかねえ。。。

      いや、でも、皆こうやって成長していくんでしょうねえ。
      過去のご主人からの理不尽な言われ方とか、
      娘さんから黙ってた自分に対しての非難とか、
      色々あると思いますが、それがあったからこそ気付いたこともあるでしょうし。
      今から自分のための人生を開いていけば、楽しくなると思いますよ。
      私もまだまだ、手のかかる娘や頭の固い夫の間で板挟みになる事が多く、日々修行だなあと感じることばかりです。
      お互い楽しい人生を過ごせるよう前向きに行きましょうね。
      ぜひ、また機会があればお立ち寄りくださいませ。

      • F より:

        ゆきえ様
        こんにちは!
        久し振りに充実した仙台旅(FaOI・羽生君の新モニュメント・羽織&袴の展示等)を愉しんできて、湯河原温泉♨️へも行ってきました。
        が、しかし義弟(主人の妹の旦那)が不慮の事故で亡くなり、2週間が経ってやっと詳しい情報が解ってきた状態なので、これからお悔やみ等で忙しくなりそうですが…?
        その義弟と同い年なので、今夏に迷っていた海外旅行✈️へ行こうかと思っている今日この頃です。先延ばしにしてると行けなくなってしまうかもしれないので…?

        • ゆきえ より:

          Fさま

          こんにちは。

          充実した日々をお過ごしのようですね。
          とはいえ、義弟さんのことはご愁傷様でした。
          男性の場合は第二の人生、というところで気が抜けたりして
          病気を患ったり事故に巻き込まれたり、というのも時々耳にしますが。

          女性の場合は逆に伸び伸び〜、というパターンも多いようですし、
          如何にこれからの人生を謳歌するか・・・じゃないかなあという気がしております。

          なので、海外旅行もまだまだチャンスはあるのでは?
          まあ、一回限りと考えず、行ける時に行っておき、
          また楽しければ来年も行こう、のノリでいいんじゃないでしょうかw

          なんと!
          羽生ファンでしたか!
          FaOIまで見に行くなんて羨ましいです〜。
          もしや、今年はスケートカナダついでにカナダまで追っかけとか!?

          私は娘が生まれてからはさっぱりフィギュア観戦できてません。
          娘は全く興味無しで、私がテレビ見るのも気に入らないらしいし(u_u)

          中2なのにいつもベッタリ引っ付かれて、
          こんなところにみ弊害があるのです・・・

          なので、結弦くんの現役の間は、間近で見るのは無理そうで残念ですorz
          娘が興味あれば国内のスケート大会程度なら連れて行くのになあ、とか思うのですけど
          本当に子供って自分の思い通りに動いてくれないものですね。

          • F より:

            ゆきえ様
            こんばんは!
            明日は大荒れな天気になりそうですが、なんと誕生日なんですよ。
            先日のFaOI仙台公演⛸は前から2列目を友達が、東北地方先行抽選に当たりラッキー‼️でした。初めてのアイスショーに開演前からワクワク、ドキドキ 生演奏&生歌は迫力があって、TOSHIさんの歌と皆の演技には感動しましたが、やはり羽生君は圧巻でした。アイスショーなのに全く手を抜かず、まるで試合を見てるようでした。フィナーレは最前列だけがリンクの側まで行けて、皆が真ん中に寄ったので私達の前は誰も居なくなり、周回した時は至近距離から全身が見えて大感動 興奮し過ぎて記憶が飛んでしまったようですが…?
            こんな経験は初めてです。兎に角、追っかけの多さにビックリ⁉️でした。
            海外旅行✈️は新婚旅行から数えて6回目になりますが、ヨーロッパが好きで
            今回はフランスに行きたいんですよ。カナダも何年か前に行こうとした時、入国審査が面倒だったので止めました。今年の全日本選手権⛸は14年振りに代々木体育館なので、是非とも行きたいと思ってますが…? 果たしてチケットが取れるかどうか? ごめんなさい‍♀️、長々と関係ないコメントばかりして、失礼しました!

          • ゆきえ より:

            Fさま

            こんにちは。

            遅くなりましたがお誕生日おめでとうございました!
            羽生君の追っかけはすごいと聞くけど、生で見ると熱狂的で迫力ありそう。怖そうですね(;´∀`)

            結構海外旅行していらっしゃるんですねー。羨ましい!
            行き慣れているならいつでも行けそうな感じがしますw

            今年の全日本は代々木体育館ですか。チケット当たると良いですね~。
            日本のトップ選手の競い合いとか緊張感とか、半端無さそうなので一度は生で観戦したいものです。

            あと数年間は娘が親離れしてくれなさそうなので、私の方は当分生観戦が厳しそうですが。
            ぜひ、私の分も色々楽しんで下さいね!
            また、あちこち行かれたらお話し聞かせてください。

  4. F より:

    ゆきえ様
    こんばんは!
    お久しぶりです。眉毛の描き方、興味深く拝見しました。何時も、化粧で一番手間取るんですよ。
    急いでいる時に限って左右対象にならず、直す度に濃くなってしまい、イライラ‼️ ペンシルしか
    使ってませんが、パウダーと併用しなければダメ‍♀️だったんですね。納得です。
    先週末は久し振りに群馬県の御朱印ツアーに行ってきました! 1社・2寺を巡り、なんと9種類の御朱印
    をゲットしてきました。何処もアートな御朱印が豊富にあり、選ぶのに一苦労しましたが…?
    2週間ほど前に娘から急に連絡があり、旦那が勤務中に体調不良になってしまい救急搬送され、直ぐに
    快復したものの、何かの前触れかもしれないとの事で検査入院して、保証人の判子が欲しいので…
    と半年振りに来て、4日後に退院したのでワンコと3人?でお礼を言いにも来ました。
    まぁ、我が家の場合はこういうゆる〜い親子関係で良いのかと納得しました。仙台の友達には仙台限定
    の「仙台巡り」をゲットして貰えてラッキー‼️ 一人一部の限定だったので、2度も別の場所に並んで
    くれて周りの人達と話しながら配布時間を待っていたようです。その中に、なんと⁉️横浜から夜行バス
    で来た人も居て、その人は先日のFaOIにも3日間来たそうです。他の3会場も全て計12回、観たとの事
    でビックリ⁉️でした。無料配布の物を貰うのに、わざわざ来仙する人が居るのに私は仙台限定品を友達
    に何時もゲットして貰えて本当にありがたいです。昨年の凱旋パレードにも行ったんですよ。私達は側まで
    行かず、遠くからでしたけど大感動しました。久し振りだったので、長々と失礼しました!

    • ゆきえ より:

      Fさま

      こんにちは。

      お返事が遅くなってすみません。

      眉毛は難しいですよね。私も左右対称にするのは未だに苦手意識あります。

      なんか、色々毎日充実しているようで良いですね~!
      御朱印はツアーじゃないけど、以前お正月に三浦七福神巡りをして御朱印をもらった記憶があります。

      家族関係は何かの時に保証人が必要になりますよね。それで私も実家にお願いした記憶があり。
      そうそう。そういう時に「やっぱり親は大事にしておかなきゃいけないのよね・・・(反省)」
      と感じたものです(汗)

      我が家のことを重ねてみると、やっぱり娘としては、「お母さんはネチネチ愚図愚図されるよりも
      自由気ままに楽しく生きてくれる方が、安心する~、まあ、近づいても大丈夫かなあ・・・」
      と感じる気がしております。
      ご自身はもっと娘とベタベタしたい~、と思う気持ちもあるかもしれないけど、
      焦らず自分自身が楽しく過ごしていると、家族が互いに心地良い、つかず離れずの距離が
      自然に取れていくんじゃないかなと思います。

      >その人は先日のFaOIにも3日間来たそうです。他の3会場も全て計12回、観たとの事

      12回も観戦するなんて、お金もすごいけど行動力は尊敬しますね~。本当にすごい!
      今年のフィギュアスケートは女子も男子もシーズン前からいろんなニュースがあって
      どうなるのかなあ、日本人は活躍できるのだろうかとドキドキワクワクしております。
      羽生くん、まだまだ活躍し続けて欲しいですね。

      • F より:

        ゆきえ様
        こんにちは!
        最近、気分がスッカリ吹っ切れて(羽生君パワーのお陰で)遊び過ぎてしまい、久し振りの目眩の為に明日の予定はキャンセルしました。先日は愛媛県大洲市の有名レストランのシェフによる
        ランチ会に参加してきました。シェフ自らが選んだ食材のランチはとても美味しくて、夏野菜
        の話もとても参考になりました。ゆきえ様はご存知かと思いますが、私はこの歳になって初めて「硝酸態窒素」が多く含まれている野菜を知り、今まで普通に食べていたので最近は注意するようになりました。要はオーガニック野菜が良いようですが、日本では僅か0.2%しか生産されておらず、海外では凄くチェックが厳しくいそうで来年のオリンピックには日本製では間に合わないので、各国からオーガニック野菜を持参して貰うとの事でした。ナチュラル・ローソンの野菜が安全で良いとは初耳でした。それと、有名なミネラルウオーターにも結構含まれているのには
        ビックリ⁉️です。今更、気を付けても手遅れかと思いますけど…?(笑)

        • ゆきえ より:

          Fさま

          こんにちは。

          日々充実されているようでなによりです。
          でも、お体大事にしてくださいね。

          >「硝酸態窒素」が多く含まれている野菜を知り
          ・・・いや、初耳でした(汗)
          思わずググってしまいましたが説明が難しいですね~。
          要は、肥料をあげすぎないように注意しましょう・・・って感じですかね。
          (プランターで野菜を育てているのですが、肥料をついあげすぎていた気がするので、
          読みながら「あー、気を付けなきゃ~」と思いました。

          >ナチュラル・ローソンの野菜が安全で良いとは初耳でした。
          ・・・そうなんですね!
          でも近くにナチュラル・ローソンは無いですorz
          どこかで見つけたら買ってみます!

          色々情報ありがとうございます。

          • Fより より:

            ゆきえ様
            こんにちは!
            梅雨明けしたら猛暑日が続き、暑さに弱い(夏生まれなのに…)私にとっては嫌いな季節になりました。スッピンで眉毛だけを描くと…は正しく私もやってました。電車に乗らず、駅前までの買い物の時は何時も眉毛だけで済ませてましたが、流石にこの暑さでは日焼け止めだけ塗ってからにしてますけど…? これからは注意したいです。先日、駅前のデパートで本の在庫セールがありナチュラル・ローソンの本を買ってまみした。残念ながら加工品ばかりで野菜は載ってませんでしたが、店舗を見たら殆ど都内の中心部か横浜駅周辺と大病院の売店が主でした。身体に良い物を扱っているからでしょうか?
            明日は4度目の正直?で野田市の櫻木神社⛩へ限定御朱印を頂きに行く予定です。2度、天候不良で1度は体調不良で…。御朱印集めはかれこれ20年ぐらい前からだと思います。令和になってから20カ所前後になりますが、真っさらな御朱印帳が3冊もあるので、なんとか使いきらないと…頑張ります!✌️

          • ゆきえ より:

            Fさま

            いつもありがとうございます。

            先週から猛暑が続いてますね~。
            朝から冷房しなきゃいけないなんて・・・と思いつつ、家にいる時にはエアコン無しではいられない夏ですね。今までこんな年なかったような気がします。私は暑いのも寒いのも苦手なのでヘトヘトです。

            >駅前のデパートで本の在庫セールがありナチュラル・ローソンの本を買ってまみした。残念ながら加工品ばかりで野菜は載ってませんでしたが、店舗を見たら殆ど都内の中心部か横浜駅周辺と大病院の売店が主でした。身体に良い物を扱っているからでしょうか?

            ・・・ナチュラルローソンの本というのがよく分からなかったのでググってみたのですが、

            amazon:おいしく食べたい! Mart ナチュラルローソン ヘルシーレシピBOOK (Martブックス vol.26)

            お買いになったのは、こんな感じの本でしょうか?

            気になったので東京都内のナチュラルローソンを探してみたのですが、店舗があまり無いようですね。都心には多いようだけど、ちょっと離れると無いみたいで。有機野菜を考えるのであれば成城石井の方が多いのかも、、と思ったのですが、硝酸態窒素に関してはどうなんでしょうねえ。

            御朱印帳たくさんあるんですねー。櫻木神社どうでしたか?今の時期だと暑くて大変じゃないかしら?桜の時期の方が良いのでは。。。とHP見て思ってしまいました。
            私も、流行にのって、令和元年の初日の御朱印を求めて藤の花の御朱印帳を売っているという神社に行ったのですが、大人気らしくて売り切れでガックリした思い出があります。小さい神社なので穴場かなあ、と思っていたのですが、令和初日は日本全国、同じようなことを考える人が多いようですね。その時には後日貼るようにと白い紙に御朱印をいただいてきたものの、その後その神社には行っておらず放置状態です(汗)
            では、暑い日が続くようなのでお体お気を付けください。

  5. F より:

    ゆきえ様
    こんにちは!
    ナチュラル・ローソンの本は正しく、その本でした。先日のレストランのオーナーシェフ曰く、硝酸態窒素含有量は有機野菜でも余り変わらないようですよ。要は化学飼料が問題なようで、そのために土壌が汚染されてしまい緑色葉物野菜が一番影響を受けやすく、葉物野菜は丈の短いベビーリーフが一番良いとの事です。あと、葉物野菜は色の薄いレタスやキャベツが良いとも聞きましたが…。
    櫻木神社⛩には4度目の正直で行って来ました! 暑かったですが、最寄り駅(東武野田線 野田市)から平坦な道を約15分ほど歩き、広い境内には様々な桜の木が生い茂っていて、日陰は凌ぎやすかったです。
    そんな暑い日にも関わらず、2組のお宮参りを見かけました。仙台に行った時にも鹽竈神社⛩でお宮参りを見かけ、友達とお宮参りは生後30日か100日かと意見が分かれたので、調べてみたら男の子が31日で女の子が32日(逆かも…?)で、お参りに行くのは父親・赤ちゃん・父方の祖父母の4人で、母親は産後の忌明け前なのでダメで母方の祖父母が費用(衣装・接待など)を一切持つと初めて知りました。でも、今は母方も全員で行ってますよね。櫻木神社⛩へは来春の「桜まいりの日」に再訪する予定です。藤の花の御朱印帳と言えば、以前から春日大社に行きたいと思っていたので10月に従姉妹達とツアーに参加する事になりました。本来なら藤の花が咲く頃が良かったのですが…?

    • ゆきえ より:

      Fさま

      こんにちは。

      有機野菜駄目ですか。なかなか難しいですね。
      そうなると、良い食べ物を探すのも重要だけど、なかなか見つけるのも大変だし、
      それよりも体の代謝機能を高めることを考える方が早いのかなあ・・・という気もしてきました。

      櫻木神社良かったですね!しかし夏のお宮参りは暑くて大変そうですね。
      そういえば、我が家でも両家の初孫だったため、誰が費用を出すとか、
      誰が行くとか招待するとか、散々悩んだし、両家から色々言われて困った記憶があります(-_-;)

      そんなしきたり、どうでもいいのになあ・・・と思うのですけどね。
      ああいうイベントは、(子供のためと言いながら)結局親やジジババの自己満足だったよなあ、
      としか今は思えないのですけど、当時は何が子供のためになるんだろう、と真剣に悩んだものです。

      >藤の花の御朱印帳と言えば、以前から春日大社に行きたいと思っていたので10月に従姉妹達とツアーに参加する事になりました。本来なら藤の花が咲く頃が良かったのですが…?
      ・・・うわぁ~!良いですね~~~!!!
      確かに藤の花の頃に行きたくなるかも。でも、秋の春日大社も良さそうですね。あちらの10月だと紅葉は少し早いくらいでしょうか・・・?

      そういえば、京都の六道珍皇寺は行ったことありますか?こちらの御朱印はいただける日が限定らしいのですが、すごくパワーがあっておすすめだから、と知人に言われたことがあります。一度行ってみたいなあと思いつつまだ行けていませんが、万年パワー不足な私には結構必要なアイテムじゃないかと、すごく気になっているところです。

      • F より:

        ゆきえ様
        こんばんは!
        夜分遅くに失礼します。最近では初めの「母の日プレゼン…」のコメントから随分と脱線してしまってますね(笑)
        京都の六道珍皇寺は私も行ってみたいと思っているんですよ。でも、京都は海外からの観光客が多くてゆっくり観光できないので、フリーで5日間ほど マイナーな処へ行きたいのですが…。
        と言いながら10月のツアーでは、信楽・大阪・奈良・京都も含まれているんですけどね。あと、晴明神社⛩へも是非行ってみたいと思ってます(羽生君絡みで…) 30年ぐらい前に、今では紅葉時期には凄い人気で混み合う東福寺へ仕事関係だった窯元の人から教えて貰って行った時にはゆっくりと紅葉を愉しめて良かったですが、今はもうダメですね。パワースポットと言えば、浅草寺の「4万6千日」毎年7月9・10日(ほうずき市)へ此処10年ぐらい行っているので、46万日分のご利益がある筈なんですが…?(笑) その2日間だけ限定の「雷⚡️避け守り」を毎年買ってくるようになってからゲリラ豪雨に遭わないので、それがご利益でしょうかね〜❓

        • ゆきえ より:

          Fさま

          こんばんは。
          いつもありがとうございます。

          そういえば、発端は母の日プレゼントでしたね~。すっかり忘れておりました(^ω^)
          あの時には大丈夫かしら、と心配しておりましたが、すっかり元気になられたようで良かったです。
          元々パワフルな方だったんだなーと最近のアクティブさにビックリしておりますw

          >京都は海外からの観光客が多くてゆっくり観光できないので
          ・・・確かにそうかもしれませんねえ。
          晴明神社も行きたいけど、羽生君絡みだとすごいことになってそうですね。紅葉だと更に激混みかも・・・。

          そういえば、浅草寺ってパワースポットだったのですね。知りませんでした。
          しかも、「雷避け守り」なんてあったのですね~。
          それ、私も欲しいので来年は絶対にゲットしに行きます!
          (娘が雷恐怖症で、入道雲や、ゴロゴロの音とか、ピカッと光る空を見ると怯えだして大変なのですよ~。
          プラシーボ効果でも何でも、そういうアイテムをゲットして娘の精神状態をなんとか落ち着かせたいのです。)

          でも、1年間も待つのはなあ。。。と思って検索したら、京都とか群馬にも雷避けのお守りがあるようですが、行くチャンスが無さそうなのでやっぱり来年7月の浅草を待つしかなさそうです(◞‸◟)

          • F より:

            ゆきえ様
            こんにちは!
            此処のところ30℃位で少し凌ぎやすいですね(笑) 数年前までは30度を超えると暑くて大変でしたが、慣れとは恐ろしいものですが…。
            洗濯機の価格の違いはインバーター機能付きかだったんですね⁉️ てっきり、
            国産か中国製の違いかな?と、思ってましたので次回の購入時の参考にさせて頂きます。
            前回、浅草寺がパワースポットだと言いましたが、「4万6千日」の2日間だけかも?知れませんので訂正させて頂きますね。
            来週はいよいよサマーバケーション(フランス旅行)✈️なので、楽しみです。
            娘が何度か行ってるので、おススメな処とか土産を聞いたら「好きな処に行ったら…」と相変わらず素っ気ない返事でした
            先日、ブティックの人から聞いたのですが最近ヨーロッパでは「中国人狩り」が横行していて、拉致されてスパイにされてしまうので中国人と間違われないようにと注意されましたが、若者が狙われると思うのですが…?(笑)
            無事に帰国できたら又、報告させて頂きますね。それでは、行ってきま~す

          • ゆきえ より:

            Fさま

            こんにちは。

            確かに30度くらいで凌ぎやすいなあ、と思うというのは今更ながら、すごい状態ですよね~。

            >洗濯機の価格の違いはインバーター機能付きかだったんですね?? てっきり、
            >国産か中国製の違いかな?と、思ってましたので

            ・・・いえ、やっぱり国産と海外製の違いもありますよ~。料金が1~2万円程度違う気がします。
            ただ、同じメーカーで比べるとインバーターの有無で大きく変わります。
            例えば、我が家では東芝でしたが、インバーター無6万円とインバーター有10万円の2つで30分以上迷っていました。

            >前回、浅草寺がパワースポットだと言いましたが、「4万6千日」の2日間だけかも?知れませんので訂正させて頂きますね。
            ・・・浅草寺は2日間だけですね。前回Fさまにコメントいただいて、速攻検索して知ったことですwww
            娘がコレ欲しい!!とすごく強請っていたので・・・。

            そういえば、先日代々木に行ったので、田舎ではお目にかからないナチュラルローソンに行ってみました!

            でもね・・・。そこで野菜をチェックしようとしたのですが。
            あったのは、たった1つだけでした。
            しかも、生キャベツの千切り(四角い袋詰め)だったんですorz

            まあ、そのパッケージを見たら、「中嶋農法」とあったので、これがおすすめの秘密なんだろうな、と思ったのですが。
            さすがにそれだけでは夕食のおかず野菜にはならないし、ということで何も買わずに終了しました。
            お店が広くなかったので仕入れる野菜もそんなに無いのかもしれません。
            なかなか、良い野菜を入手するというのは難しそうですね。

            >最近ヨーロッパでは「中国人狩り」が横行していて、拉致されてスパイにされてしまうので
            ・・・海外は怖いですね。若者狙いも多いだろうけど、日本人で裕福そうなマダムだと、別の意味で狙われるような気もするので旅行中色々用心して下さいね。無事に戻られるのを祈ってます。

  6. F より:

    ゆきえ様
    お久し振りです。一昨日、フランス旅行から無事に帰国しました。「中国人狩り」には遭遇しませんでしたけど、地下鉄Ⓜ️では度々スリ集団に狙われて、ヒヤヒヤの連続でした! 元々、治安が余り良くないのですが、近年では難民が増えた所為かロンドンとパリは特に酷いようですよ。観光地は行きたかった処には殆ど行けましたが、美術館やベルサイユ宮殿などツアーでは忙しなくて、極一部しか観れずに残念でしたでした 食事も毎回硬いだけのフランスパンと大量の料理で食べ切れませんでしたけど、最後の晩餐には現地で申し込んだ「ムーランルージュ」は懐かしい歌と美味しいディナーで、量も程よくて初めて完食できました!
    初体験のジャグリングやアクロバット等が愉しめ、ダンスショーは殆ど裸同然でしたが、日本では味わえない感動でした
    もう一度、機会があればゆっくりと美術館やベルサイユ宮殿を愉しみたいと思いますけど、体力と財力
    が限界かも?(笑)

    • ゆきえ より:

      Fさま

      こんにちは。
      無事に帰国されて良かったです。

      外国は治安が心配ですね。
      日本人の観光客だと狙われやすそうです。
      ツアーだと決まったルートだし団体行動だから安心そうだけど、
      反面予定詰め込み過ぎて忙しなくなるのは仕方ないことですかね。

      ムータンルージュって結構先まで予約が埋まっているのだと思っていましたが、
      現地だと当日チケットもあるのですね。とても楽しそうで羨ましいです~。

      私も早く子育て終わらせてあちこち旅行に行きたいなあ、と思いますw
      ・・・あ、でもお金貯めとかなきゃいけませんね(;´∀`)

      そういえば、スケートのシーズン開幕していますが
      女子も男子もどんだけ技術が上がっていくのか今期は驚愕のニュースが一杯ですね。

タイトルとURLをコピーしました