個性的な発想をする主婦の、ちょっとした工夫綴り。お悩み解決のヒントになれば幸いです。

ちょっとした工夫で心豊かな生活を

子育て 行き渋り・不登校

学校行きたくない小学生への対応は?朝だけ?不安が強い時は?

更新日:

kodomo
小学生になった子供が「学校行きたくない」と言い出した場合どう対応すれば良いでしょうか。
言うのは朝だけで放課後楽しく帰ってくるケースもあれば、不安が募って帰宅後に暴れるケースなど、子供によって症状は様々です。
今回は、新しい環境を親子でどう乗り越えるべきかをお話しします。

スポンサードリンク

学校行きたくないと小学生の子供が言ったらどうする?

以前の記事(学校に行きたくない子供を行かせる?行かせない?迷った時の考え方)では、
「無理やり行かせる」
「息抜きさせる」
「子供と相談する」
などの方法を書きました。

ですが、希望を持って入学したはずなのに「無理やり行かせる」のは子供が辛いですし、かといって、新年度早々「学校を休ませる」というのも親が辛いですよね。

ここで理解しておきたいのは夏休み明けの行き渋りと4月の進学、進級時の行き渋りは次元が違うことです。

我が子の場合は自閉度が強い発達障害なので痛感しているのですが、発達障害児の場合は「新しいスタート」がものすごく苦手な性質の子が多いです。
定型発達児でも引っ込み思案の子は馴染むまで大変ですが、それ以上に苦手で、先生やクラスに馴染めず身動きが取れなくなる子供もいます。

幼稚園から小学校に進学する場合は事前にごっこ遊びをやって、小学校生活の予測を立てておくと
比較的スムーズに入れることもありますが、我が子の場合はそうでなく、当時在籍していた小学校では「慣れれば大丈夫ですよ!」と言われて、慣れるために無理やり頑張らせた結果不登校になり、結局、子供がその環境を拒否したためやむなく転校を決断しました。

一般的には、
「無理やりでも行かせないと、さぼり癖がつくから良くない」
「じきに慣れるんだから、無理やりでも通わせたほうが良い」
と言う人も多いのですが、
子供によっては「慣れる」までの時間が数日でなく数ヶ月、数年という性質の場合もあるし、我々が子供だった昔と今の子供達とは学校に対する考え方が全然違います。
「自分はこうだったのに」と昔の自分と比較すると子供を見誤ることがあるので危険です。

(昔の子供は「学校というのは行かなければならない場所」というのが教えなくても社会当然のルールとして浸透していましたが、今の子供はそれがありません。これは親の教育の結果というより、子供、親、学校、社会全体の流れの変化だと、私は感じています。)

ですので、「さぼり癖」については単純に「良くない」と鵜呑みにせず、その時の子供の心理を汲み取って慎重に動きたい課題です。

学校行きたくないのが朝だけだったらどうする?

小学1年生が学校へ行き渋る場合は、幼稚園と小学校の環境の変化以外の理由として「母子分離不安」の要素も多くあります。

ですので、「お母さんから離れるのが不安」という要素が強ければ、最初の数ヶ月は一緒に登校して、状況によっては少し学校を見学させてもらうなど、「お母さんはいつでもあなたのことを思っているよ」という気持ちがわかるように子供を安心させることが大切です。

今は学校に相談すると「いつでも見学OKです」とか、親切な対応をしてくれる学校では椅子を教室の一番後ろに置いて見学させてもらう保護者も見かけます。
(レアケースですが、今我が子が通っている小学校ではやっているお母さんがいます。)

個人登校の場合は付き添い登校問題なしですが、集団登校の場合でも、集団の最後尾にお母さんが付き添って登校するというケースは今の小学校ではよく見かけます。
特に4月の集団登校ではよくお母さんが付き添っている集団を見かけるので、それだけ1年生が小学校生活に不安を抱えてるということなのでしょう。

仕事を抱えているお母さんだと、このように子供に付き添うというのは大変かもしれませんが、
たまに仕事を遅らせたりして子供に付き添ってあげることも、もしかしたら必要かもしれません。

私の場合は子供が不安定なことから結局仕事を辞めて付き添う道を選びましたが、短時間でもいいので子供に付き添ってあげられると、子供も少し前向きになるかもしれません。

いずれにせよ、「学校行きたくない」現象が朝だけで、帰ってきたときに笑顔が出ていたら、その時は大変かもしれませんが、徐々に慣れて学校が楽しくなる可能性が高いでしょう。

学校行きたくないと不安全開の子供への対応は?

それに対して、朝も昼も夜も、ずっと「学校行きたくない」と言い続けている子供の場合は対応方法を慎重に考えたいところです。

スポンサードリンク

特に4月に新しい環境になった場合、全く先の見通しが立たずに子供はパニックに陥っています。
ここで「無理やり行かせる」はNGで、行かせた場合、こんなケースが考えられます。

パニックが酷い
→この心理状態では先生の指示が全く理解できない
→指示に従って行動できず先生に叱られる
→落ち込んでますます学校行きたくなくなる

こうなると悪循環で、不登校へのレールが敷かれてしまいます。
我が子は前の学校で見事にこの悪循環にハマッてしまい不登校まっしぐらでした。
もっと早く子供のことを理解できていればこんなことにはならなかったのに・・・と痛感したものです。

ですので無理やり行かせてはいけませんが、この状況下の子供は正しい判断ができないのも事実。
子供とよく話し合う、気持ちを汲み取ってあげるのは大切なことですが、理由を聞き出そうとしても、とってつけたような理由であり、本心とずれていることがあったり、話し合いの向こうに良い解決策が見当たらないことも多いです。

そのため、こういうケースでは、親が主導権を握り子供の見通しを立て、少しずつ動けるようにレールを敷いていくということが重要です。

考え方として、最終目標は朝から帰りの会まで居続けることですが、最初の段階では
「全部学校に居なくてもいい」「負荷を少し減らしてあげる」
ということです。

この場合は、子供のペースで行うのでなくあくまでも親が主導権を握った形で、「親の都合」で用事があるから早退させるとか、医者通いのために遅刻させるなどして、
「あ、学校にいる時間が少ないなら今日は行けそうだな!」
と思わせることです。

極端な話、
「今日は身体検査があるから、そこだけ行って身長と体重を測っておいで!」
という形でも、最初は良いと思います。

「今日の目当てはコレとコレ。」と簡単明瞭に提示してあげることで、
「1日を学校で過ごす、という漠然としためあてにどう対処したら良いのかわからない不安」
を感じさせず、今日の課題を自分でクリアしたという自己肯定感を得ることが大切なのです。

この積み重ねの結果、徐々に見通しが立ち不安が減り、平常運転できるようになります。

慎重に考えなければならないタイプは?

大多数の子供が、良い対応を心掛ければ数週間から数ヶ月でなんとかなるものですが、稀になんとかならない子供もいます。我が子が典型的なそのタイプでした。

どんなタイプかというと、「感覚過敏を抱えている子供」です。
聴覚過敏、触覚過敏、嗅覚過敏など子供により症状は様々ですが、これがあると新しい環境、場所、人が苦手で馴染めませんし、大勢の集団にも馴染めません。
この子供たちには「慣れれば大丈夫」という対応は絶対に避けなければなりません。

1つ理解していただきたいのは、
感覚過敏の人に「慣れたら大丈夫だから、慣れましょう」と言うのは
花粉症の人に「花粉に慣れたら花粉症は克服できますよ」と言うのと同じ、無理難題だということです。

感覚過敏は我慢で克服できるものではありません。作業療法士などに相談しながら緩和していき、その間は極力苦手を排除した中で心の安定を図り学校に慣れることが大切です。

そのため、子供の苦手がどの部分なのかを理解して、普通級なら担任に日々相談していく必要がありますし、状況によっては個別支援級で心の安定を図ってから普通級に戻るという方針のほうが良いかもしれません。

大勢いる中に入れない場合は、自分が最初に教室に入っていれば後から同級生が大勢入ってきても気にならないこともあるので、最初に入れるか試してみましょう。
個別支援級の場合はパーテーションなどで遮る方法も可能なので、その中に入ると落ち着くこともあります。

我が子の場合、個別支援級に在籍し4年生で進級し、楽しい学校生活ではあるのですが、新メンバーの1年生が入学したため「知らない子がクラスメイトになり不安」と言い、まだ不安定の渦中にあります。
嗅覚過敏、触覚過敏、聴覚過敏など感覚過敏が酷いため、大勢の中に入れないし新しいことが全て苦手ですが、幸い先生方は特性をよく理解して見守ってくれているので苦手を避けつつ心の安定を図っている最中です。

また、定期的に通院している歯科や小児科の予約を入れ、時々学校を早退させるようにする予定ですし、今年度も読み聞かせや係などで積極的に学校の授業を覗きに行く予定です。
まだまだ大変な状況ですが、それでも小学校入学当時から比べると格段に成長し、学校へ行くことに対して前向きになっています。

スポンサードリンク

まとめ

我が子のような感覚過敏で学校に慣れにくい子はレアケースですが、「学校行きたくない」と子供が言うのはあまり珍しくありません。
特に4月から5月は新年度が始まり、新しい環境に対して不安を抱える子供が多いので、無理やり頑張らせるのでなく、不安を共感しながら負担を減らしてあげるとともに、親が舵取りして上手に導くことが大切です。
母親はものすごく大変ですが、子供の苦手さを理解して学校の先生方に相談し、子供が安心して学校で過ごせるように付き添ったり負荷を減らしてあげるなど、子供の様子を見ながら寄り添っていきましょう。

スポンサードリンク

Copyright© ちょっとした工夫で心豊かな生活を , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.