日焼けケアは紫外線の仕組み理解が肝心!痛みや皮むけは?

公開日: 

hiyake_R
日焼け対策をしたつもりでも、長時間日に当たったり日差しが強烈だと日焼けして、
肌が痛くなることがありますが、ケア方法を知らずに困ったことはありませんか。

こんなとき、紫外線の仕組みを理解すると、日焼けケアも実践しやすいです。
今回は、火傷みたいにヒリヒリ痛みを伴う場合や
皮むけする場合の日焼けケアについてお話しします。

スポンサードリンク

日焼けケアは紫外線の仕組みを知るのが肝心

1.日焼けの仕組みとメラニン

春から秋は太陽光線に含まれる紫外線が多く、日焼けしやすいです。
皮膚には、紫外線を遮るメラニンがありますが、
紫外線を過度に浴びるとメラニンがたくさん出て黒くなってしまいます。
これが日焼けであり、メラニンは紫外線が強いと増えて、弱いと減ります。

皮が剥けるのは、皮膚が黒くなることとは無関係で、太陽の熱が体に当たって
皮膚を乾燥させるのが原因で皮膚が死んでしまうからです。
そして、この状態は火傷(やけど)と一緒です。
メラニンは個人差がありますが、浅黒い肌の人は色白の人より多く
メラニンを持っているため、浅黒い肌ほど日焼けし難いです。

2.紫外線の害について

太陽光線には様々な光がありますが、可視光線(目に見えるもの)だけでなく、
目に見えない赤外線や紫外線があります。
紫外線は地表に届く光では一番波長が短く次の3種類があります。

UVA(長波長紫外線)・・・長時間浴びると体に有害
UVB(中波長紫外線)・・・オゾン層等で一部吸収され、残りが地表に到達して皮膚や目に有害
UVC(短波長紫外線)・・・オゾン層等で吸収されて地表に到達しない

日焼けは主にUVBが原因といわれていますが、UVAが無害な訳ではありません。
むしろ、UVAの方がUVBよりも皮膚の奥まで到達してしまうため肌の老化に強く影響します。

昔は、紫外線は体内のビタミンDをつくる働きがあり日光浴が推奨されていましたが、
近年はフロンによるオゾン層破壊で紫外線が強くなっているため
体に悪影響も出ることから、紫外線予防が推奨されるようになっています。

3.日焼けには2種類ある

(1)サンバーン

紫外線のUVBによって皮膚に化学物質が生成されて毛細血管が炎症反応で充血し、
肌が赤くなる症状です。
紫外線量がメラニンの許容範囲を超えると、
皮膚細胞が傷つき発熱、水泡、むくみ、痛み、ほてりなどが出ます。

(2)サンタン

紫外線UVAによってメラニン色素が生成されて肌が浅黒くなる症状です。
紫外線を浴びてから浅黒くなるのは直ぐでなく、数日かかりますが、
これは、メラニン色素を含む表皮細胞が基底層から角質層に達するまで
新陳代謝が行われているからです。

紫外線を浴び続けるとメラニン色素の合成が続いてしまい、その結果シミやシワになります。
また、通常であれば皮膚は再生しますが、修復エラーになってしまうこともあり、
それが原因でその細胞が原因で悪性ホクロ、日光角化症、皮膚がんになる可能性もあります。
ですので、紫外線は長期間浴び続けないように注意しなければなりません。

4.日焼けの経過

(1)紫外線に当たった直後・・・症状なし
(2)2~6時間後・・・皮膚が赤くなる(=サンバーン)
(3)6~48時間後・・・痛みのピーク(=サンバーン)
(4)24~72時間後・・・皮膚が黒くなる(=サンタン)
(5)3~8日後・・・皮膚が剥がれはじめる

というパターンが多いのですが、中にはサンバーンがなかったり、
サンタンがないケースもあります。


スポンサードリンク

日焼けケアで火傷みたいに痛みが酷い場合は?

日焼けの仕組みについて理解したので、次に日焼けケアについて理解しましょう。

1.日焼けケア当日の応急処置

(1)とにかく冷やす!

ひどい日焼けは火傷と同じなので、冷やすことが肝心です。
氷や冷たい水で濡らしたタオルを当てて冷やします。
全身の日焼けには水風呂もおすすめです。

(2)酷い場合は皮膚科へ

水ぶくれが出た場合は酷い日焼けですので、
潰さないように清潔なガーゼで守り、皮膚科に行きましょう。
水ぶくれは潰すと細菌が入りやすく、跡も残りやすいので注意してください。

(3)発熱や頭痛の場合

皮膚だけでなく体にもかなり負担がかかっているので、日陰の涼しい場所で休養しましょう。

2.日焼け後の注意事項

(1)化粧品について

日焼け後は肌が痛んでいるため、化粧品を塗らないようにしましょう。
やるとしても、口紅程度のポイントメークだけにしておきましょう。

(2)風呂について

肌に刺激が強いので、入るならぬるめの湯に浸かりゴシゴシ体を洗わないようにしましょう。
また、乱暴に服を脱ぎ着すると皮膚がこすれて痛いのでそっと着替えましょう。

(3)日光を避けましょう

日焼け後はできるだけ日光を避け、外出する際は日傘、帽子、薄手の長袖等で
肌を日光から遮りましょう。

3.日焼けケア当日以降

過度な日焼けで水分が失われるため、体の内外からたくさん水分補給することが大切です。

(1)肌の水分補給

ローションをたっぷり付けますが、それだけでは直ぐに蒸発してしまうため
水分補給が足りません。
ですので、その上に乳液やクリームなどを塗って、
ローションに蓋をして水分が逃げないようにしましょう。
普段は丈夫な肌の人でも、過度な日焼けで肌が敏感になっているので、
刺激のない敏感肌用や無香料のローションや乳液が良いでしょう。
また、美白ケアのためには、メラニンを還元させるビタミンCが大切なので、
ビタミンC入り商品がおすすめです。

(2)体の中の水分補給

スポーツドリンクなどをこまめに飲みましょう。
また、ビタミンCにはメラニンを還元させる働きがあるため、
1日1000mgを目安に継続して摂りましょう。
ただ、ビタミンCは水溶性で一気に摂っても尿で排出されてしまうため、
少量を継続して摂取するのがポイントです。

(3)継続すべき期間

肌のターンオーバーは28日サイクルです。
約1ヶ月間は体の中と外から入念なケアを行いましょう。

(4)痛みが酷くてローションさえ塗れない場合は?

痛みが酷くて敏感肌用のローションも塗れない状態の場合は、塗り薬にしましょう。
ひどい日焼けは火傷ですが、塗り薬の種類はドラッグストアで販売しているような
ニベアやオロナイン等で大丈夫です。
塗るのは、最初に肌を念入りに冷やし、ほてりが収まってからの方が効き目が早いでしょう。

私は3年前に運動会で酷い日焼けしたのですが、その時に病院で聞いたところ、
オロナインでも大丈夫といわれました。
この根拠ですが、オロナインの効能として「軽度のやけど」があります。
ここで気をつけておきたいのは、
オロナインはあくまでも医療薬であり、美白効果はないということです。
やけど状態の日焼けケアとしてはおすすめですが、
痛みが消えた段階で美白等効果を考え、別のローションなどに移行するのが良いでしょう。

また、アロエは火傷に良いとされているので、
アロエの入った日焼けアフタージェルがおすすめです。
この商品もドラッグストアでも入手できるし安価です。

近江兄弟社 サンベアーズ アローバジェル 200g

近江兄弟社 サンベアーズ アローバジェル 200g
価格:398円(税込、送料別)

日焼けケアで皮むけをどうする?

日焼け後数日経過すると、大きい皮がベローンと剥けて
「虫の脱皮じゃないのに・・・」と自分でもびっくりするものです。
この皮は、日焼けで肌表面の細胞が死んで残ったものですから、
下から新しい皮膚が再生した段階で剥けます。

ですから、無理矢理皮をはがしてはいけません。無理矢理剥がすと
赤くなったりヒリヒリしますし、跡が残ってシミになることもあります。

いつまでも皮がベロンと剥ける寸前で体についているのは嫌ですから、
皮膚の再生が早くなるよう体のケアをしていきましょう。
肌が乾燥してきたと感じたら、ローションや乳液などをこまめに塗ると
新しい皮の再生も早まるし、古い皮も早く剥がれるでしょう。

まとめ

ひどい日焼けは火傷と一緒です。化粧品を塗らず、火傷の手当てと同じように
体の内外からの水分補給や休養などで肌の蘇生をしていきましょう。
肌のサイクルは28日周期なので、約1ヶ月間は丁寧なケアをすることが重要です。

スポンサードリンク

また、その後も日焼け対策は重要ですが、1ヶ月間は特に、外出時にも日焼けをしないよう
帽子や長袖などを着用して日差しを避けるように心がけましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑