学校の行き渋りで実際に休んだ場合、子供にどう接すればいいの?

公開日:  最終更新日:2014/10/08

親子の対話

前回の記事、

学校に行きたくない子供を行かせる?行かせない?迷った時の考え方

では、子供に寄り添うことが大切だという話をしました。

そして、我が家では実際に休ませ、家で心穏やかに過ごす日もありました。
でも、その時、母親としては色々悩んだことがあります。

今同じような悩みを抱えているお母さんの参考になればと
その当時悩んだ体験をお伝えします。

スポンサードリンク

家庭をどのような空間にすべきか?

学校を休ませる間、家庭をどのような空間にすべきか、
お母さんは悩まれるでしょう。

「勉強が遅れてしまうのではないか」
「友達関係が悪くなるのではないか」
「ズル休みはいけないことだ」

私の場合は、常にこんな思いが頭を掠めていました。
だから、家を居心地悪くすれば
「家よりも学校の方が良い!」と子供が思ってくれるのではないか。
なんて愚かなことを考えたことがあります。

でも、そうじゃないんですよね。

前回も書きましたが、
子供に無理矢理やらせても身につきません。

教育というのは、学校に通うだけが全てではなく、
最終目的は「社会での自立」なのです。

私は不登校を奨励するつもりはありませんが、
子供の特性によって、その環境が合うか合わないかは違います。
学校という集団に馴染めない子供もいるのです。

そういう子供は、集団生活は置いておき、
先ず、子供が一番落ち着ける場所で、穏やかに過ごすことが
教育を受ける上での土壌になるのです。

  • 腫れ物に触るような感じでなく
  • 普通に子供に接し
  • 学校に通うのと同じように日々を過ごす

このようなことが大切です。
子供が安定して元気になると、家での生活に飽きてくるので、
向かい合うべきことに向かい合えるようになります。

多少遅れたとしても、土壌が出来れば取り戻せる時期がやってくるのです。

だから、子供が不安定な今はしっかり寄り添い、
子供が心穏やかに過ごせることが大切。
お母さんは長い目で温かく見守る必要があるのです。

スポンサードリンク

家にいるとゴロゴロしているけど良いのだろうか?

真面目なタイプほど、「頑張らなきゃいけない」という意識が強いです。
大人にとっては些細なことでも大きい物事だと感じてしまい
精神疲労が激しいのです。

我が子は真面目過ぎて、学校へ行くだけで
精神的にも肉体的にも相当疲労を感じていました。
休み時間に運動したわけではなくても、「疲れたー!」と言い、
ベッドでゴロゴロ横になることが多いです。

まあ、年寄りではないのでずっとゴロゴロ横になるのは考えものですよね。
なので、「夕食の材料買いにお出かけしようか。あと何分したら出かけられる?」と聞いたりして
子供から自発的に動くよう促し、一緒に買い物しながら、子供の話したいことを聞くようにしていました。

学校とどう付き合えば良いの?

学校を頻繁に休むようになると、子供のこととは別に
毎回学校に連絡することが母親としても負担に思えるのですよね。
母親自身が休むことについて引け目を感じる場合は尚更負担を感じるはずです。

また、担任の理解が得られない場合、
「学校に通わないことは悪いことです」と
登校を促される可能性もあります。
私もかつて、そういう思いをしており、
毎回学校へ電話連絡することが非常に辛かったです。

そして、担任と話しにくかったので、最終的に
学年主任や校長、副校長などに相談するようになりました。
頻度も毎朝でなく、1週間ごと連絡する方法で。

でも、学校を休んで家で過ごすほうが
その時点では子供にとって落ち着けて顔色が良さそうでしたし
前回お話したスクールカウンセラーの、
「学校に通うだけが教育ではなく、就労に向けての自立が大切」
という話を踏まえて、子供を休ませるかどうかを判断しました。

ところで、
子供の学校へ行きたくない理由として
学校環境の問題というケースもありますが、
ここで原因を追及しすぎると犯人探しになってしまい、
学校との関係がこじれる懸念があります。

原因はよほどのことがない限り追及しすぎないようにして、
子供の精神安定を図る方向で、学校との
最低限の連絡を取るという方向が無難だと思います。

まとめ

学校を休んでしまうと、思わぬことで悩むことになります。
子供との関係だけでなく、学校との関係で様々な問題が生じて
心揺れることでしょう。

ですので、子供をしっかり理解することが大切ですが、
可能であれば信頼できる相談先が見つけられると
少し楽になると思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑