個性的な発想をする主婦の、ちょっとした工夫綴り。お悩み解決のヒントになれば幸いです。

ちょっとした工夫で心豊かな生活を

子育て 行き渋り・不登校

転校はデメリットしかないの?不登校からの転校で親がすべきことは?

更新日:

一歩一歩用心しながら歩く子供
行き渋りや不登校のお子さんと学校との関係を見て
転校したほうが良いのではないか、と考えるお母さんもいると思います。

我が家でも、不登校をしてみて、
子供と学校のギクシャクした関係は修復困難と感じたので
転校することにしました。

結果として我が家の場合は成功したのですが、
不登校の場合はいろんなことに気をつけないと
せっかく転校したのにまた不登校になってしまった、
というケースもあるようです。

今回は、転校を考えた場合のメリット、デメリットや
転校を成功させるために親がやるべきことをお話します。

【バックナンバー】
行き渋りから不登校と転校で立ち直った我が子の体験(1)~不登校まで
行き渋りから不登校と転校で立ち直った我が子の体験(2)~専門家の示唆
不登校中ホームスクールって何をするの?体験した母の気づきとは?
不登校は子供の心配以外にとんでもない面倒事が!転校決断の理由は?

スポンサードリンク

1.転校のメリット、デメリット

不登校でなくても、転校するというのは
子供にとって不安なことですよね。
経験したことがないことに対しては、
普通の子供でも想像できない世界なので
そう感じてしまうようですね。

次に一般的なメリットとデメリットをまとめてみました。

【メリット】

  • リセットして、新しく自分をやり直すことができる。
  • 転校生ということで親切にしてもらえる。
  • そこで良い体験をできれば、その後に新天地への転居が怖くなくなる
  • 今までと違う地域の空気や文化に触れることができる。

【デメリット】

  • 親しかった友達と離れてしまう。
  • 新しい学校に馴染むのが大変。
  • 転校先でいじめの対象になる。(特に言葉遣いや習慣が違うと戸惑うことがある。)
  • 勉強の進み具合が違うので追いつくのが大変。

(学年途中の場合、教科書が変わると習う漢字の順序が異なるので
未学習かどうか1つ1つ確認する必要があり面倒。)

デメリットを解消するには時間が必要でしょう。
また、メリットを活かすのも、そこに至るまでの子供自身のエネルギーが必要だと思います。

2.不登校の場合のメリット・デメリット

上記のメリット・デメリットは不登校の場合にもそのまま当てはまります。
一般的に考えても転校というのはデメリットの方が大きいと思われていますし
まして、不登校の場合は子供の精神不安が強いため、
メリットは全くなく、避けるべきだと考える人が多いです。

「転校しても同じことが起こる。」
「転校して不登校になったら本人はもっと自信をなくす。」
「不登校はそんなに早く解決でいないから、長期戦で子供に対応していかなければならない。」
「転校せずに子供を理解してくれている今の学校の先生に頼るべき。」
「転校は逃げるようなものだ。」

転校を考えたときに、我が家ではこのような意見を周囲に言われましたし、
自分でもそう考えた部分もあります。
でも、ここであなたのお子さんが不登校になった理由を考えてみて下さい。

  • 自分に自信がなくなったから
  • 友達や先生を信頼できなかったから
  • いじめに遭ったから
  • 勉強面で躓いたから

このような理由はありませんか?

特に人間関係の躓きだった場合は、
上記デメリットの「親しかった友達と離れてしまう。」という項目は考える必要がありませんし、
むしろ、嫌な友達関係の解消にはちょうど良い機会かもしれません。
嫌なことを全てリセットして、新たな自分、新たな人間関係を作っていくチャンスになるのです。
子供の性格というのは本人の資質もあるでしょうけど、周辺環境が大きく影響するものです。

ただ、転入先の学校の雰囲気や受け入れ姿勢によって、馴染めるかどうか決まるでしょう。
馴染めるために、どのようなことをやれば良いのか、
次に考えていきましょう。

3.不登校から転校を考える上での疑問解消

1)長期戦?短期戦?

不登校の解決方法は1つの正解というものはなく、
子供の状況によって異なると思います。

スポンサードリンク

そして、親や周囲があれこれ考えるのも大事ですが、
子供がどうしたいのかを聞いてみることが何よりも重要です。
学校へ通いたいのか、家で勉強したいのか。
別の学校だったら通えるのか。
ただ、子供は言葉が足りずに、本音と裏腹なことを言ってしまう可能性もあるので
時間をかけてよく話し合うことが必要です。

また、上記で「長期戦で」という意見もありましたが、この問題は
家で長期間休ませても根本が別のところにあれば解決できません。

長期間学校を休んでしまうと復活するためにはエネルギーが倍以上必要ですし、
短期間で済むなら早めに転校を考えたほうが良いケースもあります。

2)逃げ癖がつくから転校するのは良くないの?

これは、私もものすごく悩みました。
でも、後になって知ったのですが、
大人が逃げるのと、子供が逃げるのを同じに考えてはいけないようです。

大人の場合は逃げずに立ち向かい乗り越えるべきことはたくさんあります。
でも、小さい子供はまだまだ脳が発達している時期で、
心を安定することで伸びる部分が多いのです。
逆に嫌なことがたくさん積み重なってしまうと自己肯定感が下がるし、
脳に嫌な記憶、思いだけが残ってしまうのです。

逃げた結果、楽しいという思いを子供が得られるのであれば
いったん「逃げる」という行為による環境調整は必要だと考えています。

また、「逃げる」という発想は「今の学校に行くべき」
という固定概念があるから抱いてしまう発想なのです。

お子さんは、小学校生活そのものが嫌なのではないでしょう?
転校というのは、単に別の学校に通うだけの話です。
学校を変わるだけで自分から動けるようになるのであれば
得るものが大きいと思うのです。

4.転校を成功させるために何をすべきか?

我が家は転校で上手くいったケースなので転校した方が良いという考え方を推奨しますが、
転校を成功させたという事例があまりないからやめたほうが良い、という意見の方もいるし、
実際に成功事例はあまり多くないようです。

なぜ失敗するかというと、いったん不登校となってしまうと
子供は学校に対して回避行動を取るようになってしまうからです。
学校に行く、学校に入るだけで不安に陥ってしまうのです。
その結果どのような学校でも通学できない場合が多いです。

我が子も転校したい気持ちは強かったのですが、それと同時に
学校の存在、先生、友達の存在について恐怖を抱いていました。
ですので、我が家で転校する際には子供の心のケアが大切でした。
以下、その時に気をつけたことをお話しますね。

最重要課題は
「転校先の学校に慣れること」
「自分が通うという実感を抱かせること」
です。

そして、そのために、

(1)転校先の先生方(校長・学年主任)に
子供の状況や課題を相談しておいた。(サポートブック付き。)

(2)学校の校舎を見学し、転校後の教室や下駄箱、トイレ、保健室など
一通り入って雰囲気を確認させてもらった。

(3)引越し前に何度も校舎の周囲や学校の周囲を散歩しながら、
自分が転校したらここに通う、ということをイメージできるようにしていった。

(4)スムーズに転校できるかわからなかったので、
付き添い登校の許可を事前に得て、
子供に「一人で通わなくても大丈夫」という安心感を与えた。

このように様々なことを気をつけて転校手続きを進めていきました。

幸い、転校先の小学校は実家に近い場所だったので、
毎日1時間以上かけて実家へ遊びに行き、
そのついでという口実で
子供と一緒に毎日学校の周りを一周しながら
周辺の店で買い物したり、公園で遊んだりして
「もうすぐこの町に住むのが楽しみ」と感じさせていきました。

また、学校の校庭や建物も徐々に入り、
「自分の学校」が怖くないことを確かめさせるようにしていきました。

5.転校してみて

子供の転校については、かなり入念な準備をしたと思います。
そして、実際に引越しして転校したところ、
準備段階では教室に入るのを怖がって拒否していた我が子も
1週間程度で普通のテンションで教室に入れるようになりました。

友達に話しかけたり話しかけられるのはその後も数ヶ月間怖がっていましたが、
幸い、転校先の先生方が全員理解して、我が子が慣れるのを辛抱強く待ってくれたおかげで
子供も先生方には打ち解けて、自分から話しかけられるようになったのです。
(転校前の小学校では一切なかったことなので、嬉しいことですが、とても驚いています。)

勉強については優先順位を下げたため、通常進度には追いついていませんが、
転校して半年経過してようやく、「勉強してみようかな」という自発的な態度になってきたのを感じます。
ようやく不登校から脱出して、子供本来のエネルギーが貯まってきたようです。

スポンサードリンク

まとめ

我が家の転校事例はかなり特殊だったかもしれません。
でも、転校が良くないこと、失敗するだろう、という見解が多いようなので
成功事例もあるんだよ!とお伝えしたくてご紹介させていただきました。

不登校や行き渋りというのは本人も辛いけど、
子供を支えるべきお母さんも、本当に辛いと思います。

親子でいろいろ話し合って、楽しく過ごせる方向性を探ってみて下さい。

スポンサードリンク

Copyright© ちょっとした工夫で心豊かな生活を , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.